陶板浴の秘密はタイルからのエネルギー

陶板浴のタイルからは 「生命光線」と呼ばれる 「テラヘルツ波」エネルギーが放射されていることがわかっています。

テラヘルツ波は光と電波の、いい所を兼ね備えています。特徴は

1.1秒間に1兆回振動します

2.「直進性」「浸透力」「透過性」に優れているため、体の深部で力を発揮します

​3.安全性に優れています。空港の手荷物検査機器に使用されています

​テラヘルツ波エネルギーと遠赤外線の違い

遠赤外線は皮下脂肪付近で止まります。汗線を刺激するために汗をかきます。

陶板浴は、体を突き抜けるために汗をかきません。

​また、体の深部を刺激するために、様々な解決を図れます

テラヘルツ波エネルギー

宇宙、自然現象、生物はすべて「ゆらぎ」と言う現象が現れます。

「ゆらぎ」は「波長」「周波数」とも呼ばれています。

テラヘルツ波は細胞水に吸収され、細胞内の生命エネルギー工場であるミトコンドリアを活性します。
私たちの生命活動の中心になっている有機高分子は、すべてテラヘルツ波領域の共振周波数です。


つまりテラヘルツ波が生物に優しいため「生命光線」といわれる理由はそこにあります。

遠赤外線は「育成光線」と呼ばれています

私たちの体重の6割以上が水分で、脳の85%以上が水と言われております。

テラヘルツ波は水に吸収されるばかりでなく蓄積され、さらにテラヘルツ波を再放射します。

このテラヘルツ波の蓄積と再放射が共振作用により、電磁波障害等で損傷したDNAや細胞を還元し、より健康な状態に導くと言われております。

テラヘルツ波はミトコンドリアの賦活剤になるのか

ヒトの60兆個の細胞の中には、ミトコンドリア(生命エネルギー発生装置)というものがあります。

私たちは今日も、今も、意識するしないに関わらず呼吸を繰り返しています。

呼吸が続くから生きています。呼吸とは何のためでしょうか。

酸素を取り入れて、二酸化炭素を排出するため。

呼吸を止めると苦しい。

それは酸素が行き届かないから。

では、なぜ酸素がないと苦しいのか。

それは酸素がないと私たちの体に必要なエネルギーを作り出すことができないからです。

そしてそのエネルギーは私たちの細胞内のミトコンドリアによって作られています。

生きものは食べ物に含まれる有機物を分解してエネルギーATPをつくり出すという

酸素を使う呼吸では解糖系、クエン酸回路、電子伝達系の3つのステップからなります。


ミトコンドリアの外膜と内膜の間にプロトンを運び出し、ATP合成酵素は回転し、ATPを効率よくつくりだします。

図の説明

​1.太陽の光エネルギー

多くの生物の活動を支えるエネルギーの大元は太陽の光エネルギーですが、

現代では環境汚染などの影響で人間に有害な光線も届いている。

2.酸化

現代の多くの水や食品は、酸化傾向にあります。

私たちが口にする段階で、電子を失って鮮度が落ちた状態です。

普通の水道水なども+500~600mVくらいであり、飲めば飲むほど酸化が促進されます。

3.活性酸素

活性酸素はミトコンドリア自身も傷害する。

損傷したミトコンドリアからは一層多くの活性酸素が産生され、それがさらに傷害を増幅する悪循環になります。

過剰な活性酸素は細胞を酸化させます。

他の活性酸素の発生原因もあります。

・紫外線

・化学合成成分(添加物等)

・大気汚染

・過度の喫煙、飲酒

・不規則な生活

・ストレス など

4.プロトンとATP

ATP合成酵素を回すには、絶えずプロトンが必要となります。

ミトコンドリアの慢性的な機能低下により不調を招きます。

​タイルからテラヘルツ波がでる秘密

タイルには善玉菌の酵素を練りこんであります。

 

善玉菌は、陶板タイル製作において1,200℃で焼成しますが、善玉菌の抗酸化(還元)情報は維持します。  

なぜ1200℃で焼成して力を維持できるのか?

                  

焼成すれば善玉菌は、生命体は消滅します。

陶板タイルの素材に、善玉菌の抗酸化(還元)情報を記憶させる技術があります。

善玉菌の抗酸化(還元)情報を記憶された陶板タイルは、熱エネルギーを受けて消滅前と同じようにエネルギーを放射します。 

そのエネルギーが「テラヘルツ波」エネルギーです。

banner_c.png

© 2019 陶板浴 | 口コミ陶板浴温活 大好き 体験談