• 子育て真っ只中 2児のママ

「がん=死」ではありません

こんにちは。


がんの宣告をされたとき、多くの人が現在の仕事を退職することを考えるといいます。体力的に無理かも、会社に迷惑をかけるかも、と想像をめぐらしてしまうのです。


事実、厚生労働省の調査によると、がんの診断を受けた後、4%の方々が解雇されている、さらに30%の方々が依願退職しているという数字があります。


仕事を辞めるという決断をくだすのは、どうか急がないでください。


仕事を続けることができるのならば、続けられる範囲で、続けたほうがよい、と思います。

がんを宣告されたら、誰しも冷静ではいられなくなります。


自分ではしっかりしているつもりでも、平常心ではいられない。


治るのか、治らないのか、余命は何年か何か月か。そんな思いでいっぱいになります。しかし、これは「がんは死の病」という昔のイメージが根強くある影響も大きい。結核も昔は死の病と言われましたが、明治時代から昭和20年代頃までの話。


がんと言われ、まずどうするか、さあどうしよう、といろいろグルグルと考えがちですが、がんも、今は多くが治る病気。治す病気です。


がんと宣告されても、すぐにいろんな決断をせず、「しばらくの間は大きな決定をしないこと」。少なくとも、せめて1週間かもう少しの間、平常心を取り戻す期間。


早まって退職など決意せず、選択肢のひとつとして念頭におきつつ、職場に申し出るのも少し待って、自分の考え方の変わりぐあいを客観的に観察します。


働き盛り以降の年代に、がんは増えています。


仕事は、その人の生き方、人間の誇りのありように密接に関係しています。ウィズ・がんの生活になったとき、経済的な面はもちろんですが、生きがいという点でも、仕事そのものが精神的な支えになります。



「がん=死」、ではありません。


保険のCMなんかではいまだに、死を感じさせるような、におわせるような演出があるのがなんだか気になるところですが、多くのがんは、仕事を続けられることのほうが多いのです。ウィズ・コロナでも、ウィズ・がんでも、それをむしろきっかけに、自分の生活の質を見直し、生活習慣を改善し、免疫力を高めていくことにいっしょに取り組んで、一日一日を大切に有意義に生きていきましょう。



閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前回、唾液はもともと血液で、 身体にとって非常に大切な働きをしてくれている、 というお話をしました。 今日はその唾液を、より分泌させるにはどうしたらいいか。 唾液の働きをおさらいしておきましょう。 「食べ物を飲み込みやすくする」 噛んで唾液と混ざった食べ物は、飲み込み、いわゆる「嚥下(えんげ)」がスムーズになります。 「味を感じやすくする」 舌にある粒々「味蕾(みらい)」。乾いた食べ物は 舌にさわ

今回のテーマは「唾液はもともと血液⁉」。 秋から冬へ、季節の変わり目、 これからもっと乾燥する季節に突入します。 マスクを着用するのが習慣になって、 気がつくとマスクの下で口呼吸になってしまっていませんか? 口呼吸になると、おのずと口の中が乾き気味になり、 唾液の量が減少します。 実は唾液には、想像を超えた働きが驚くほどあり、 口の中をうるおしながらいろんな活躍をしてくれています。 今日はそんなお

前回は「新型栄養失調」について、 とくに高齢者がおちいりやすい傾向について見ていきました。 かんたんに言うと、「新型栄養失調」とは、 摂取カロリーは足りているのに 特定の栄養が足りていない状態、のこと。 一見やせていても太っていても、ちょうどいい感じの人でも、 誰にでも起こり得るのが特徴です。 年齢や、食の好み、生活習慣などによって食生活というのはほんとうにさまざま。 新型栄養失調におちいりやすい