top of page
  • 子育て真っ只中 2児のママ

「ぼくはあと何回、満月を見るだろう」

今日のテーマは、


今月7日に発売された雑誌「新潮」で、


「ぼくはあと何回、満月を見るだろう」というタイトルの連載を始めた、


音楽家、坂本龍一さん(70歳)のお話。


坂本龍一といえば、テクノの王様、YMOのキーボード、シンセサイザー。(イエロー・マジック・オーケストラは1978年結成、メンバーはベース細野晴臣、ドラム高橋幸弘)YMOとしても一躍日本中に、世界にも名を馳せましたが、その後も「教授」の愛称で親しまれつつ、映画「戦場のメリークリスマス」のテーマ音楽の作曲家としても著名な人。


その坂本さんが、自身のがんを公表していたのをご存知の方も多いかもしれません。


公表されたのは7年と少し前、2015年の1月でした。前年に告知されたのが、中咽頭がん、

進行度としては「ステージ4」でした。これまでほとんど語られることのなかった彼の、

そこからの、「ウィズがん」の手術、闘病、再発、そして音楽という仕事を、この「ぼくはあと何回、満月を見るだろう」で繊細、かつ、大胆に、表現されています。



連載第一回めは、7年前の最初の中咽頭がんで「このままでは余命半年」の告知から以降、

当時は具体的な手術のことなどには触れられてこなかったのですが、この連載では、直腸の原発巣と肝臓、リンパに転移した腫瘍、さらに、大腸を数十センチ、切除したことにも触れています。

この7年半ほどのなかでの仕事に対する価値観の変化、死生観の変化、音楽そのものへの渇望と幸福。そして2009年発刊となった「音楽は自由にする」(新潮社)、そしていわゆる「寛解」を経て、昨2021年には両肺に転移したがん提出手術のことにも触れています。


読んだ感想を私がこの場でごちゃごちゃ申し上げることは控えます。


雑誌「新潮」の「ぼくはあと何回、満月を見るだろう」連載第一回のタイトルは、「ガンと生きる」。ぜひ書店で、お手に取ってみることをおすすめします。。




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前回、唾液はもともと血液で、 身体にとって非常に大切な働きをしてくれている、 というお話をしました。 今日はその唾液を、より分泌させるにはどうしたらいいか。 唾液の働きをおさらいしておきましょう。 「食べ物を飲み込みやすくする」 噛んで唾液と混ざった食べ物は、飲み込み、いわゆる「嚥下(えんげ)」がスムーズになります。 「味を感じやすくする」 舌にある粒々「味蕾(みらい)」。乾いた食べ物は 舌にさわ

今回のテーマは「唾液はもともと血液⁉」。 秋から冬へ、季節の変わり目、 これからもっと乾燥する季節に突入します。 マスクを着用するのが習慣になって、 気がつくとマスクの下で口呼吸になってしまっていませんか? 口呼吸になると、おのずと口の中が乾き気味になり、 唾液の量が減少します。 実は唾液には、想像を超えた働きが驚くほどあり、 口の中をうるおしながらいろんな活躍をしてくれています。 今日はそんなお

前回は「新型栄養失調」について、 とくに高齢者がおちいりやすい傾向について見ていきました。 かんたんに言うと、「新型栄養失調」とは、 摂取カロリーは足りているのに 特定の栄養が足りていない状態、のこと。 一見やせていても太っていても、ちょうどいい感じの人でも、 誰にでも起こり得るのが特徴です。 年齢や、食の好み、生活習慣などによって食生活というのはほんとうにさまざま。 新型栄養失調におちいりやすい

bottom of page