top of page
  • 子育て真っ只中 2児のママ

「国菌(こっきん)」のお話

今日は、菌の話。


菌は菌でも、ウイルスの菌ではなく、


国の菌、のお話です。みなさん、「国菌」という言葉自体、お聞きになったことがあるでしょうか。書いて字のごとく、国の菌に認定されている菌のことなのですが、私は、この年齢になるまで知りませんでした。

学校でも、親にも教わった記憶ないなあ……、と思って調べてみたところ、2006年に認定されたそうです(於:日本醸造学会)。



こうしてブログを書いていて、キーボードで「kokkin」と打っても変換候補で出てこないのも納得。意外と最近です。


では「国菌」は、どんな菌のことを言うのでしょう?



答えは「コウジ菌(コウジカビ)」。

このコウジ菌だけが、国の菌として認定されました。


コウジ菌は、米、麦、大豆などの穀物に繁殖する、「糸状菌(しじょうきん)」=カビの一種です。そういえば日本人はもともと農耕民族。穀物をつくって繁栄してきた民族です。


コウジ菌は、農耕民族の日本人にとって、非常にありがたい微生物であり続けてきました。


国菌に認定されたのは2006年と最近ですが、コウジ菌が日本で目に見えない活躍をはじめてくれたルーツは太古の昔にさかのぼります。



弥生時代、一説には縄文時代から、コウジ菌による発酵を操っていたのだそうです。


日本独自の「和食」に欠かせない調味料である、日本酒、お味噌、醤油などの発酵を担う、

「国菌」であるコウジ菌。コウジ菌が発酵を担うと、体によい作用がどう生まれるのかについてはまた次の機会に……!


---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---

* 編集後記  *


国の菌はコウジ菌。「国ナントカ」でいうと、広く知られているのは、

国歌が「君が代」、これがダントツだと思いますが、

国花がサクラ(桜)とキク(菊)、

国鳥はキジ(雉)、国石はヒスイ(翡翠)、

国技は相撲と武道、

国蝶なんていうのもあって、

オオムラサキだそうです。


日本人に愛国心が薄れたと言われて久しいし、愛国心なんていうと軍国主義の名残みたいに

感じる人もいるかもしれませんが、母国をへんに卑下することなどなく、自分の国を愛する純粋な気持ちは胸の奥に持ち続けていたいです。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前回、唾液はもともと血液で、 身体にとって非常に大切な働きをしてくれている、 というお話をしました。 今日はその唾液を、より分泌させるにはどうしたらいいか。 唾液の働きをおさらいしておきましょう。 「食べ物を飲み込みやすくする」 噛んで唾液と混ざった食べ物は、飲み込み、いわゆる「嚥下(えんげ)」がスムーズになります。 「味を感じやすくする」 舌にある粒々「味蕾(みらい)」。乾いた食べ物は 舌にさわ

今回のテーマは「唾液はもともと血液⁉」。 秋から冬へ、季節の変わり目、 これからもっと乾燥する季節に突入します。 マスクを着用するのが習慣になって、 気がつくとマスクの下で口呼吸になってしまっていませんか? 口呼吸になると、おのずと口の中が乾き気味になり、 唾液の量が減少します。 実は唾液には、想像を超えた働きが驚くほどあり、 口の中をうるおしながらいろんな活躍をしてくれています。 今日はそんなお

前回は「新型栄養失調」について、 とくに高齢者がおちいりやすい傾向について見ていきました。 かんたんに言うと、「新型栄養失調」とは、 摂取カロリーは足りているのに 特定の栄養が足りていない状態、のこと。 一見やせていても太っていても、ちょうどいい感じの人でも、 誰にでも起こり得るのが特徴です。 年齢や、食の好み、生活習慣などによって食生活というのはほんとうにさまざま。 新型栄養失調におちいりやすい

bottom of page