• 子育て真っ只中 2児のママ

「国菌(こっきん)」のお話

今日は、菌の話。


菌は菌でも、ウイルスの菌ではなく、


国の菌、のお話です。みなさん、「国菌」という言葉自体、お聞きになったことがあるでしょうか。書いて字のごとく、国の菌に認定されている菌のことなのですが、私は、この年齢になるまで知りませんでした。

学校でも、親にも教わった記憶ないなあ……、と思って調べてみたところ、2006年に認定されたそうです(於:日本醸造学会)。



こうしてブログを書いていて、キーボードで「kokkin」と打っても変換候補で出てこないのも納得。意外と最近です。


では「国菌」は、どんな菌のことを言うのでしょう?



答えは「コウジ菌(コウジカビ)」。

このコウジ菌だけが、国の菌として認定されました。


コウジ菌は、米、麦、大豆などの穀物に繁殖する、「糸状菌(しじょうきん)」=カビの一種です。そういえば日本人はもともと農耕民族。穀物をつくって繁栄してきた民族です。


コウジ菌は、農耕民族の日本人にとって、非常にありがたい微生物であり続けてきました。


国菌に認定されたのは2006年と最近ですが、コウジ菌が日本で目に見えない活躍をはじめてくれたルーツは太古の昔にさかのぼります。



弥生時代、一説には縄文時代から、コウジ菌による発酵を操っていたのだそうです。


日本独自の「和食」に欠かせない調味料である、日本酒、お味噌、醤油などの発酵を担う、

「国菌」であるコウジ菌。コウジ菌が発酵を担うと、体によい作用がどう生まれるのかについてはまた次の機会に……!


---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---

* 編集後記  *


国の菌はコウジ菌。「国ナントカ」でいうと、広く知られているのは、

国歌が「君が代」、これがダントツだと思いますが、

国花がサクラ(桜)とキク(菊)、

国鳥はキジ(雉)、国石はヒスイ(翡翠)、

国技は相撲と武道、

国蝶なんていうのもあって、

オオムラサキだそうです。


日本人に愛国心が薄れたと言われて久しいし、愛国心なんていうと軍国主義の名残みたいに

感じる人もいるかもしれませんが、母国をへんに卑下することなどなく、自分の国を愛する純粋な気持ちは胸の奥に持ち続けていたいです。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は、「上手なマスクのはずし方」。 まだまだマスク生活が続きそうな、日本国内の新型コロナウイルス第7波の感染状況ですね。 以前人の密でないところではマスクを外して深呼吸を、という話をしましたが、マスク生活が長引きそうななか、求められるのは "いかに酸素を体内に取り入れるか"に尽きるかもしれません。 人は、一度吸い込んだ空気から、10%〜20%の酸素を体内に取り込んでいるのだそうです。でも、マスク

このブログでは、低体温はがんを育ててしまうこと、平熱を35度台ではなく、もう少しアップさせて、36度台……、できれば36.4~36.8度くらいに保つことの大切さについて、 何度か共有してきました。 コロナ禍、街なかの大型店、個人店に限らず、いろんなお店や施設の入り口で、 「手の消毒」と、「検温」のセットがもはや日常になっています。 ああ、そういえば、消毒液をプシュッと手に受けると同時に、手首の体温

前回、体の声に耳を傾けていますか、というお話をしましたが、 今回は、そのためにはどうするか、について。 「体の声に耳を傾ける」というのは、欲求や欲望に忠実になるというのとは全く違います。 欲求や欲望に忠実になっていたら、食で言えば「食べたいから食べる」、になってしまいます。欲求って、怖いですね。欲求がないのも怖いです。「食欲がないから食べない」になってしまう。それでは体が、声どころか悲鳴をあげてし