top of page
  • 執筆者の写真子育て真っ只中 2児のママ

お酢とハーブは夏の味方

この間梅雨入りしたかと思ったら、「2022年は異例に早い梅雨明け」になりましたね。

梅雨明けは例年7月15日(九州南部)〜7月24日(東北南部)が平均のようですが、今年はいずれの地域も6月下旬。梅雨明けと同時に、この猛暑。

皆さま体調崩されたりしてませんか?


暑くなると食欲が落ち、冷たいものを摂りがちになります。

冷たい飲みものは、糖分がかなり含まれていても、ゴクゴクと大量に飲んでしまう傾向があります。


ラーメン、チャーハン、焼肉、カレーライス、焼きそば、牛丼、お寿司といった、人気のメニューは、糖質ももちろんですが、とにかく「塩分」がかなり多めであることがほとんど。


塩分の摂りすぎは、高血圧、腎臓疾患、心疾患の原因となり、糖質や糖分の摂りすぎは肥満、動脈硬化、糖尿病の原因となってしまいます。


暑さや、日々の疲れやストレスから、つい塩分の濃いもの、甘いドリンクに手が出やすいものですが、そんなとき頼りになるのが

「お酢」と「ハーブ」。




野菜炒めやチャーハンの仕上げに小さじ半分ほどのお酢。ラーメンについているスープや、

焼きそばの麺に付属している粉ソースは半量にして、これにもお酢をひと垂らし。


少し薄味にしても、お酢を仕上げに加えることで、夏にぴったりのさっぱりした味わいになります。ハーブや香味野菜は、そのフレッシュな香味がまさに夏の味方。


和食ならニラ、しそ、ねぎ、しょうが、みょうが、行者ニンニクや木の芽、わさび、えごまの葉もハーブの一種。


洋食やイタリアンならバジル、ローズマリー、ディル、パセリ、ミント。


いつものメニューを薄めの味付けにしても、香味野菜を散らしたり、煮込みに忍ばせたりするだけでグンと風味がアップして、おいしかったという満足感につながります。


暑い夏の食生活を「だし」「お酢」「ハーブ」で工夫して、塩分過多、糖分過多を防いでいきましょう!


最新記事

すべて表示

気持ちと体、両面からの疲れには

副腎疲労にならないための第一歩として 「カフェインの摂りすぎに注意」というお話をしました。 コーヒーやお茶など、カフェインの多く含まれる飲み物は 1日に3~4杯以下が目安。 さらに付け加えると、夕方5時以降はカフェインを摂らないのが理想。 「玉露を飲んでもよく眠れるから私は大丈夫!」 (※ちなみに高級緑茶の代名詞、玉露はふつうのせん茶の7~8倍ものカフェインが含まれています) という人もいるかもし

唾液を分泌させるには?

前回、唾液はもともと血液で、 身体にとって非常に大切な働きをしてくれている、 というお話をしました。 今日はその唾液を、より分泌させるにはどうしたらいいか。 唾液の働きをおさらいしておきましょう。 「食べ物を飲み込みやすくする」 噛んで唾液と混ざった食べ物は、飲み込み、いわゆる「嚥下(えんげ)」がスムーズになります。 「味を感じやすくする」 舌にある粒々「味蕾(みらい)」。乾いた食べ物は 舌にさわ

唾液はもともと血液⁉

今回のテーマは「唾液はもともと血液⁉」。 秋から冬へ、季節の変わり目、 これからもっと乾燥する季節に突入します。 マスクを着用するのが習慣になって、 気がつくとマスクの下で口呼吸になってしまっていませんか? 口呼吸になると、おのずと口の中が乾き気味になり、 唾液の量が減少します。 実は唾液には、想像を超えた働きが驚くほどあり、 口の中をうるおしながらいろんな活躍をしてくれています。 今日はそんなお

Comments


bottom of page