• 温活大好き

低体温で低血圧からくる冷え、足のむくみや腰痛の悩みが改善 50代女性

低体温で低血圧からくる、冷え、足のむくみや腰痛などで悩んでいました。


陶板浴に出会い、まずはじめに体感したのは数回で良く眠れるようになったことでした。

しかし、なかなか行けないのが悩みです。

行けて、週に1回くらいでした。


陶板浴の講演で、体質を変えたかったら90回、3か月間は大変でも毎日、または2日に1回は入浴してみたらと聞いてアップワンを購入を決意しました。


アップワンベット陶板浴を使って6か月がたちます。

その日からは、陶板浴が毎日できます。

1日3回使っています。

まず、足のむくみが取れました。

2か月で体温も35.3℃が36.5℃に上昇しました。

血圧も適正値になりました。

腰痛も改善され朝も起きられるようになり本当の健康を実感しています。

今まで、いろいろな通信販売で購入したことや、病院などで大変お金を使ってまいりました。

それを考えたら、毎日3回です。料金に換算すると1回千円として1日3千円です。

1か月間毎日、陶板浴に行くと9万円相当です。

あっという間に元を取りました。



閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は、そのマインドフルネスとやらを得るためには具体的にどんなことをするとよいか、のお話。とくにこのブログを読んでくださっている方は陶板浴ファンでいてくださる方も多いので、陶板浴でマインドフルネス!というのが本日のテーマ。 もちろん陶板浴をお持ちでなくてもできますので、やっていきましょう。 マインドフルネスを得るためには3つ、ポイントがあります。 一つめは、「呼吸」。 ストレスが、脳に与えてしまう

細胞の中に平均数百個あるミトコンドリアがATP(=アデノシン三リン酸)というエネルギーを生産してくれています。 ミトコンドリアは体を動かすエネルギーのもととなり、手足や体の各部を動かすのはもちろん、臓器の活動も担っている、非常に大切なもの。 いかに効果的に増やすかがカギとなります。 今日は、ミトコンドリアと「運動」との関係を調べていきますね。 細胞内のミトコンドリアは、30歳くらいを境に徐々に減っ