top of page
  • 子育て真っ只中 2児のママ

がんの3つの治療法

体内にがん細胞が見つかると、その人は〈がん〉という病であるという宣告を受けます。

宣告を受けると、多くの場合、「セカンドオピニオンをとりますか」たずねられます。


13年前、私もそうでした。


「セカンドオピニオンをとりますか?」


その質問に、よくわからないまま「はい」と答えると、国立がんセンターのような大きな病院や機関を紹介されます。

情報の整理も、気持ちの整理もつかないまま、 がんの治療法を決める段階へ、というふうに進んでいきます。

今思い返せば、何かレールに乗せられたような、実にオートマチックな感じですらありました。


今の日本では、3つの治療法が「標準治療」と呼ばれ、

行われていることはご存知だと思います。


その3つとは、

1) 外科治療(手術)、

2) 薬物療法(抗がん剤)、

3) 放射線治療


そしてこの3つの組み合わせによる治療が主流です。


治療ガイドラインでマニュアル化された〈がん〉治療は、全国どこにいても同じレベルの治療を受けられるというメリットはあります。


しかし、「自分のがんに」だけでなく、「自分という個人や考え方に」あっている治療法であるのか、そこまで一緒に考えてくれるかというと必ずしもそうではありません。


「免疫療法」については、治療方法として期待され、研究が進められています。


「延命効果や症状の緩和が認められる」として治療に取り入れられているところもあります。


日本ではそれを標準治療の4番目5番目の選択肢の中には入れられていないのが現状です。


一方、例えばアメリカの最新の現場はというと、日本では標準治療のひとつである「抗がん剤」を、「極力使用しない」方向へとシフトつつある、というニュースもあります。


また、米国立がん研究所によって研究されている「光免疫療法」という新しい治療法に大きな期待が寄せられてもいます。

 

* 編集後記 *


日に日に暑さが増し、メンタルの疲れも、体の疲れも

たまるだけたまって、滞りまくっているこの状況です。


こんなときは、ウォーキングや散歩はいかがでしょう。もしくは家やベランダや屋上での軽い運動を工夫し免疫バランスを積極的に整えましょう。





閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前回、唾液はもともと血液で、 身体にとって非常に大切な働きをしてくれている、 というお話をしました。 今日はその唾液を、より分泌させるにはどうしたらいいか。 唾液の働きをおさらいしておきましょう。 「食べ物を飲み込みやすくする」 噛んで唾液と混ざった食べ物は、飲み込み、いわゆる「嚥下(えんげ)」がスムーズになります。 「味を感じやすくする」 舌にある粒々「味蕾(みらい)」。乾いた食べ物は 舌にさわ

今回のテーマは「唾液はもともと血液⁉」。 秋から冬へ、季節の変わり目、 これからもっと乾燥する季節に突入します。 マスクを着用するのが習慣になって、 気がつくとマスクの下で口呼吸になってしまっていませんか? 口呼吸になると、おのずと口の中が乾き気味になり、 唾液の量が減少します。 実は唾液には、想像を超えた働きが驚くほどあり、 口の中をうるおしながらいろんな活躍をしてくれています。 今日はそんなお

前回は「新型栄養失調」について、 とくに高齢者がおちいりやすい傾向について見ていきました。 かんたんに言うと、「新型栄養失調」とは、 摂取カロリーは足りているのに 特定の栄養が足りていない状態、のこと。 一見やせていても太っていても、ちょうどいい感じの人でも、 誰にでも起こり得るのが特徴です。 年齢や、食の好み、生活習慣などによって食生活というのはほんとうにさまざま。 新型栄養失調におちいりやすい

bottom of page