• 温活大好き

お母さんのがん闘病 30代女性


 

その1


今月の平成28年12月1日に元々9千あった母の数値が300になり、15日には卵巣癌マーカーが71と、驚きの数字になりました!


お医者様は数値が下がっても、これだけの癌が無くなることは、無いです、と仰っていました。


お医者様は薬が効いているんですねと、仰っていましたが、母は、はい良かったですとお返事をしましたが、アップワンしか考えられないと母は私に話してくれました。


アップワン毎日続けています、今月に手術予定でしたが、本人がためらい来年にはいってからいいと、お医者様にお話しました。


今年は後2回抗がん剤をし、その後、手術になるんですが、手術前のお医者様のお話を聞くと、癌の拡がりによっては、人工肛門になるかもなど…


このまま行くと手術をしなくても、癌は消えてしまうかもです!

確実に良くなって来ています!


いつもありがとうございます。感謝しております。


母は抗がん剤の翌日も、今までと変わらず、元気です!


 

その2


母は今月の7日で69歳になりました!

8月に癌とわかり、アップワンさんと出会い、こんなに早く効果がでるのは、驚きです、今では食欲もあり奇跡の誕生日を迎えれました。

ありがとうございます


 

その3


マーカー数値です

8月31日

検査

9268


10月3日

検査

8723


10月頭から、週1回1時間かけて陶板浴通い


10月27日

検査

3610


11月3日

アップワン体験開始


11月17日

検査

370


10月27日の検査で3610

11月17日の検査370

アップワンを始めて数値が10分の1です!


12月8日

検査

71


です!

母は最後のMRIで、結果を教えてもらって、手術はしない方向となりました。



閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ミトコンドリアは人間の37兆個ある細胞の1個1個の中に数百〜数千個あり、それがATP(=アデノシン三リン酸)というエネルギーを日々刻々生産してくれています。 人間の体内で作り出されるATPの、90%以上をミトコンドリアが作っているというのですから、ミトコンドリアがどれだけ大切かがわかります。 ではどうすればミトコンドリアは体内で増えてくれるのでしょうか。 今回は、ミトコンドリアを効果的に増やす栄養

ナノ医療イノベーションセンター、 略してiCONM(Innovation Center of NanoMedhicine) 皆さん聞いたことありますか? 大手製薬会社やベンチャー企業多終結した組織。片岡一則センター長を筆頭に、多様な技術と人材が交流する場として研究が進められています。 iCONMの掲げる医療技術はというと、「体内医院」。 体内の、医院です。体内にある病院って、どういうことでしょう…

自分自身や家族など、身近な人が病気にかかった場合、多くの人がネット検索をする時代です。とくにがんは、高齢になるほどかかりやすい病気であり、1981年以降、死因のトップにある病名ではあり、2014年には生涯で日本人ががんにかかる確率は男性62%、女性47%と、およそ2人に1人は生涯に1度はかかる病気であるとされています。 しかし、治療の進歩はどんどん進んでおり、「がん=死、ではない」ことが周知されつ