• 子育て真っ只中 2児のママ

こどもに「がん」を説明するとき

こんにちは。


今回は、小さなこどもに「がん」を説明する、というテーマです。


私が胃がんのステージⅣ、余命3カ月……と宣告された13年前は、こどもたち、といってもすでにふたりとも成人している年齢でした。なぜがんになったのか、どうしよう、と自分だけでも頭が真っ白になっていたのに、それをこどもにどう伝えたらよいのかということも覆いかぶさってきて、ずいぶん悩んだのを覚えています。


成人したこどもに対してでさえあれほど悩み考えるのだから、思春期で難しい年ごろの10代や、もっと幼いこども相手だったら、小さな心で受け止められるのかと、悩む親御さんは、とてもおつらいことと思います。


どう伝えるのか以前に、親の病気を伝えるべきかどうか、という迷いもあるかと思います。


親ががんになったとき、こどもにそれをどう伝えるのか、伝えるとしたらどう説明するのか。みなさんはどう思われますか。


ご経験のある方は、どうされましたでしょうか。小さな子、思春期のこどもが、親の病気のことで傷つくとしたら、それは親としてほんとうに怖いことですよね。


チャイルド・ライフ・スペシャリストという専門職があります。


こどもに、がんのことを説明するときは、それがこども自身の病気としてでも、親のがんを説明するときでも、誠実に、ごまかさず、こどもの心によりそうことが重要だ、といいます。もちろん年齢にも個人差にもよるところはあると思いますが、こどもだからといって親の病気を秘密にし、親のメンタルが不安定になったり、隠しごとをしているようなそぶりを感じたら、こどもは「わからない不安」にさいなまれてしまう。


わからない不安より、わかる不安のほうがだいぶいいのです。がんのことを小さなこどもに話すとき、がんという病気であること、うつる病気ではないから今までどおり接することができること、誰かのせいで病気になったのではないということ、この3つを年齢に応じて伝えることが基本にあります。


こどもは黙っていてもいろいろと考えをめぐらして、「自分が悪い子にしていたからお母さんが病気になったんだ」、と思いこんだりしてしまうことも多いのだといいます。


こういう病気で、こういう治療にあたるから、この先、このくらい病院にいったりするよ、などとあらかじめ知らされていることなら、余計な不安を抱かず、理解しようとする力が育ちます。



告知の際だけでなく、長い治療生活のなかでも、こどもとの関係をよりよいものにしていくために、患者自身、家族、とくにこどもたちの不安を最小限にするために、家庭内の雰囲気というのはとても大切。


がんのことをこどもに伝えるときのコツについて、より詳しく、秘訣を教えてくれるこんなWEBサイトもあります。


【ホープツリー】

https://hope-tree.jp/information/cancercare-for-kids-02/



がん患者とその家族たちに役立つ、


いろいろな情報を発信してくださっていますので


まだの方はぜひご覧になってみてください。



---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■--- * 編集後記  *


『セックス・アンド・ザ・シティ』、略して『SATC』というそうですが、大ヒットしたアメリカの恋愛ドラマがあります。


やや過激な、恋愛のドラマで、ファッショナブルなニューヨークに住む4人の女性たちが

恋愛模様を繰り広げるのですが、「がんに関するシーンがあるから」とずいぶん前にとある女性から勧められ、このあいだたまたまその数話を観たのでご報告。


最近は「ネタバレ」という言葉が定着していて、あらすじを言ったりするとよくないのだそうですが、ちょっとだけお伝えしますね。


4人の主人公の女性たちのなかで、いちばん年が上で、いちばん奔放な恋愛をしている

サマンサという女性が、がん患者になり、自慢の金髪も抜けてしまうシーンがあります。


鏡に向かって呆然とするサマンサの姿。それを見て、彼女の病気を初めて知った恋人の男

(名前はスミス……だったかな)は、俳優でハリウッドセレブ役なのですが、その瞬間、おなじ鏡を見ながらバリカンを手に取り、頭をガガーッと丸坊主にするんです。


スミスの行動に驚くサマンサ。バサッ、バサッと白い洗面台に落ちる金髪の髪……。


そして、その次のシーンが、パパラッチの前に車からふたりで降り立つところ。


頭に素敵なロングスカーフを巻いた美しいサマンサと、金髪の坊主頭がカッコいいスミスがウインクかなんかしながらその熱々ぶりにフラッシュを浴びます。


がんの映画での描かれ方というのはいろいろありますが、

2人の気持ちの流れあう、その鏡の前の瞬間がとても印象的でした。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前回、唾液はもともと血液で、 身体にとって非常に大切な働きをしてくれている、 というお話をしました。 今日はその唾液を、より分泌させるにはどうしたらいいか。 唾液の働きをおさらいしておきましょう。 「食べ物を飲み込みやすくする」 噛んで唾液と混ざった食べ物は、飲み込み、いわゆる「嚥下(えんげ)」がスムーズになります。 「味を感じやすくする」 舌にある粒々「味蕾(みらい)」。乾いた食べ物は 舌にさわ

今回のテーマは「唾液はもともと血液⁉」。 秋から冬へ、季節の変わり目、 これからもっと乾燥する季節に突入します。 マスクを着用するのが習慣になって、 気がつくとマスクの下で口呼吸になってしまっていませんか? 口呼吸になると、おのずと口の中が乾き気味になり、 唾液の量が減少します。 実は唾液には、想像を超えた働きが驚くほどあり、 口の中をうるおしながらいろんな活躍をしてくれています。 今日はそんなお

前回は「新型栄養失調」について、 とくに高齢者がおちいりやすい傾向について見ていきました。 かんたんに言うと、「新型栄養失調」とは、 摂取カロリーは足りているのに 特定の栄養が足りていない状態、のこと。 一見やせていても太っていても、ちょうどいい感じの人でも、 誰にでも起こり得るのが特徴です。 年齢や、食の好み、生活習慣などによって食生活というのはほんとうにさまざま。 新型栄養失調におちいりやすい