• 子育て真っ只中 2児のママ

なるべく食べないほうがよいもの

今日は「なるべく食べないほうがよいもの」について。


がん患者の方にとっても、とくに持病のない方にとっても、なるべく食べないほうがよいものがあります


がんは、突然発病するものではなく、診断されるだいぶ前から「がんを育てる毎日の習慣」を続けてきたことが要因のひとつだからです。


では、どんなものを「食べない習慣」が望ましいのでしょうか。


いくつかの文献を参考に、また私自身が実行していることと併せて列記していきます。


バター、ラード、マーガリン。魚卵、珍味や燻製のたぐい。

基本的に食品添加物はなるべく避けたいです。

ハムやソーセージなど、パッケージの裏に書いてある添加物がびっくりするほどたくさんある製品は極力避けます。


コーヒーフレッシュはほとんど添加物だけでできています。


なにせ食品添加物はものすごくコストが安いのです。


肉のホルモン(臓物類)。

体長の巨大な魚。

インスタント食品。


既製品の混合調味料。ドレッシングや料理用に手軽に使えるレトルトの調味液など。


入れるだけで鍋の味になる液体なども、パッケージの裏の添加物をよく見てください。


あとは甘いお菓子類、ケーキなどの洋菓子、塩分の強いスナック菓子など。

油は、だいたいですが、「ゴマ油、えごま油、アマニ油、こめ油、オリーブオイル」以外の、なにかと手を加えてあるような人工的な油は避けたほうがよいとされています。


そしてどんな油でも時間が経って酸化した油はよくありません。参考までに世界と日本の食品添加物の許可数です。


実は、日本は『世界一の食品添加物王国』でもあるのです。


・アメリカ:133種類

・ドイツ :64種類

・フランス:32種類

・イギリス:21種類


日本で認可されている食品添加物の種類


・指定添加物:約400種類

・既存添加物:約400種類

・天然香料:約600種類

・一般飲料物添加物:約100種類


約1500種類もの添加物が認可されていて特に体に害がない香料を抜いても900種類です。

新鮮さや安全性に必要な添加物もあるのでしょうが、多いですよね。


いかがでしょうか。

でも、例えば甘いものがほしいときは、クリームやスポンジの洋菓子よりは小豆などを使った和菓子、さらにはさつまいもやカボチャの甘味、といった具合に選択と工夫で乗り切ることは可能です。


「身体は食べたものでできている」、と言われています。


食生活の習慣はとっても大切。病気をきっかけに、食生活を見直すこと、食習慣を変えようとすることはとてもポジティブな試みだと思います。


実行していくと、スーパーで手に取る品物が、ごくシンプルな「素材」ばかりになっていきます。それが、食習慣が変わりはじめたよい合図かも知れません。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ミトコンドリアは人間の37兆個ある細胞の1個1個の中に数百〜数千個あり、それがATP(=アデノシン三リン酸)というエネルギーを日々刻々生産してくれています。 人間の体内で作り出されるATPの、90%以上をミトコンドリアが作っているというのですから、ミトコンドリアがどれだけ大切かがわかります。 ではどうすればミトコンドリアは体内で増えてくれるのでしょうか。 今回は、ミトコンドリアを効果的に増やす栄養

ナノ医療イノベーションセンター、 略してiCONM(Innovation Center of NanoMedhicine) 皆さん聞いたことありますか? 大手製薬会社やベンチャー企業多終結した組織。片岡一則センター長を筆頭に、多様な技術と人材が交流する場として研究が進められています。 iCONMの掲げる医療技術はというと、「体内医院」。 体内の、医院です。体内にある病院って、どういうことでしょう…

今日は、「上手なマスクのはずし方」。 まだまだマスク生活が続きそうな、日本国内の新型コロナウイルス第7波の感染状況ですね。 以前人の密でないところではマスクを外して深呼吸を、という話をしましたが、マスク生活が長引きそうななか、求められるのは "いかに酸素を体内に取り入れるか"に尽きるかもしれません。 人は、一度吸い込んだ空気から、10%〜20%の酸素を体内に取り込んでいるのだそうです。でも、マスク