• 子育て真っ只中 2児のママ

ウイルスと細菌の違い

「ウイルス」と「細菌」。


カタカナ英語と日本語の違いで、意味は同じかな、くらいに受け止めている人も多いかも知れません。

ちなみにウイルスはvirusでラテン語。

英語の発音では「ヴァイラス」に近いそうです。

それに対し、細菌はbacteria、バクテリアです。


さて、答えから言ってしまいますと、「ウイルス」と「細菌」は違います。

どんなふうに違うのかというと、まず仕組みが違います。


細菌は、自分で増殖することができるけれども、ウイルスは、他者の細胞に入り込まないと増殖することができない。これは、とても大きな違いです。


次に、大きさが全く違います。

細菌の大きさは、人間の細胞より小さいくらいで、例えば、食中毒を起こす菌でよく知られるブドウ球菌は、直径約1マイクロメートル(1000分の1ミリ)ほど。ウイルスの大きさはケタ違いに小さくて、例えば、新型コロナウイルスでは0.05~0.2マイクロメートル(10万分の5ミリ~1万分の2ミリ)ほど。

ただし、それより大きい飛沫に含まれて気中に出てきます)細菌は通常の光学顕微鏡では見えますが、ウイルスは見えないそうです。


また、お腹を壊したりして投与される「抗生物質」がありますが、抗生物質は細菌には効きますが、ウイルスには効きません。


抗ウイルス薬というのは、ごく少数しか開発されていない。

ウイルスには細胞膜がなく、人の細胞に寄生しているため、治療薬は少ししかなくて、開発段階のものが多いのだそうです。そこもたいへん大きな違いとして理解しておきたいところですね。


細菌の具体例としては、先ほどのブドウ球菌、大腸菌、サルモネラ菌、コレラ菌、ボツリヌス菌、結核菌などが挙げられます。


ウイルスの具体例としては、

ノロウイルス、ロタウイルス、インフルエンザウイルス、アデノウイルス、ヘルペスウイルス、肝炎ウイルス、HIVなどがあげられます。


がんの要因のうち、ウイルスや細菌が原因のがんも少なくないのですが、


それについてはまた次の機会に……!




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は、「上手なマスクのはずし方」。 まだまだマスク生活が続きそうな、日本国内の新型コロナウイルス第7波の感染状況ですね。 以前人の密でないところではマスクを外して深呼吸を、という話をしましたが、マスク生活が長引きそうななか、求められるのは "いかに酸素を体内に取り入れるか"に尽きるかもしれません。 人は、一度吸い込んだ空気から、10%〜20%の酸素を体内に取り込んでいるのだそうです。でも、マスク

このブログでは、低体温はがんを育ててしまうこと、平熱を35度台ではなく、もう少しアップさせて、36度台……、できれば36.4~36.8度くらいに保つことの大切さについて、 何度か共有してきました。 コロナ禍、街なかの大型店、個人店に限らず、いろんなお店や施設の入り口で、 「手の消毒」と、「検温」のセットがもはや日常になっています。 ああ、そういえば、消毒液をプシュッと手に受けると同時に、手首の体温

前回、体の声に耳を傾けていますか、というお話をしましたが、 今回は、そのためにはどうするか、について。 「体の声に耳を傾ける」というのは、欲求や欲望に忠実になるというのとは全く違います。 欲求や欲望に忠実になっていたら、食で言えば「食べたいから食べる」、になってしまいます。欲求って、怖いですね。欲求がないのも怖いです。「食欲がないから食べない」になってしまう。それでは体が、声どころか悲鳴をあげてし