• 子育て真っ只中 2児のママ

ウイルスと細菌の違い

「ウイルス」と「細菌」。


カタカナ英語と日本語の違いで、意味は同じかな、くらいに受け止めている人も多いかも知れません。

ちなみにウイルスはvirusでラテン語。

英語の発音では「ヴァイラス」に近いそうです。

それに対し、細菌はbacteria、バクテリアです。


さて、答えから言ってしまいますと、「ウイルス」と「細菌」は違います。

どんなふうに違うのかというと、まず仕組みが違います。


細菌は、自分で増殖することができるけれども、ウイルスは、他者の細胞に入り込まないと増殖することができない。これは、とても大きな違いです。


次に、大きさが全く違います。

細菌の大きさは、人間の細胞より小さいくらいで、例えば、食中毒を起こす菌でよく知られるブドウ球菌は、直径約1マイクロメートル(1000分の1ミリ)ほど。ウイルスの大きさはケタ違いに小さくて、例えば、新型コロナウイルスでは0.05~0.2マイクロメートル(10万分の5ミリ~1万分の2ミリ)ほど。

ただし、それより大きい飛沫に含まれて気中に出てきます)細菌は通常の光学顕微鏡では見えますが、ウイルスは見えないそうです。


また、お腹を壊したりして投与される「抗生物質」がありますが、抗生物質は細菌には効きますが、ウイルスには効きません。


抗ウイルス薬というのは、ごく少数しか開発されていない。

ウイルスには細胞膜がなく、人の細胞に寄生しているため、治療薬は少ししかなくて、開発段階のものが多いのだそうです。そこもたいへん大きな違いとして理解しておきたいところですね。


細菌の具体例としては、先ほどのブドウ球菌、大腸菌、サルモネラ菌、コレラ菌、ボツリヌス菌、結核菌などが挙げられます。


ウイルスの具体例としては、

ノロウイルス、ロタウイルス、インフルエンザウイルス、アデノウイルス、ヘルペスウイルス、肝炎ウイルス、HIVなどがあげられます。


がんの要因のうち、ウイルスや細菌が原因のがんも少なくないのですが、


それについてはまた次の機会に……!




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前回、唾液はもともと血液で、 身体にとって非常に大切な働きをしてくれている、 というお話をしました。 今日はその唾液を、より分泌させるにはどうしたらいいか。 唾液の働きをおさらいしておきましょう。 「食べ物を飲み込みやすくする」 噛んで唾液と混ざった食べ物は、飲み込み、いわゆる「嚥下(えんげ)」がスムーズになります。 「味を感じやすくする」 舌にある粒々「味蕾(みらい)」。乾いた食べ物は 舌にさわ

今回のテーマは「唾液はもともと血液⁉」。 秋から冬へ、季節の変わり目、 これからもっと乾燥する季節に突入します。 マスクを着用するのが習慣になって、 気がつくとマスクの下で口呼吸になってしまっていませんか? 口呼吸になると、おのずと口の中が乾き気味になり、 唾液の量が減少します。 実は唾液には、想像を超えた働きが驚くほどあり、 口の中をうるおしながらいろんな活躍をしてくれています。 今日はそんなお

前回は「新型栄養失調」について、 とくに高齢者がおちいりやすい傾向について見ていきました。 かんたんに言うと、「新型栄養失調」とは、 摂取カロリーは足りているのに 特定の栄養が足りていない状態、のこと。 一見やせていても太っていても、ちょうどいい感じの人でも、 誰にでも起こり得るのが特徴です。 年齢や、食の好み、生活習慣などによって食生活というのはほんとうにさまざま。 新型栄養失調におちいりやすい