• 子育て真っ只中 2児のママ

ストレスマネジメント



前回ので、ブログんとストレスが密接に関係している、


というお話をさせていただきました。


よくないストレスはできれば「解消」したいものですが、


なかなかすっきり解消というわけにもいきません。


そこで次に生まれた概念が


ストレスを「コントロール(支配)する」だったのですが、


自分の思うようにストレスを操ることなんてむずかしい。


うまく操ろうと必死になったらストレスが増してしまいそうです。



そして今は、ストレスを「マネジメント(管理、うまく扱う)する」のが


実態にあった方法だとして取り組まれているようです。



ストレスには度合いと個人差があり、例えば建物の2~3階まで階段を上ることによるストレスは、の人に「活力」を感じさせますが、これが10階のフロアまで上るとなるとたいていは、ぐったり、疲れ果てますよね。


しかし、ストレスの感じ方には個人差もあって、3階まで上ったらぐったりだ、という人もいれば、10階まで一気に駆け上っても活力がみなぎる!と感じるレベル、という人だっています。


心や体にとって「苦痛」となるストレスが与えられると、体の中では活性酸素が発生して、

活性酸素は細胞を傷つけ、細胞を変化させます。さらにそれが長時間、あるいは長期間くりかえし続くと、傷ついた細胞はがん細胞に変わってしまう。


体に免疫力が備わっていて、ストレスが軽減されるなどすれば、傷ついた細胞は除かれ、がんになるまでには至らないのに、免疫力が低下していて、強いストレスがありそれが慢性的になったりすると、がんなど何らかの病気の発症に至ってしまうのだそうです。


また、ストレスは、「いやな上司に毎日理不尽に怒鳴られる」とか「ストレスを発散せずとことんため込む」というような精神的ストレス、「塩分が高く添加物の多い、栄養のかたよった食事を毎日とる」あるいは、「運動不足が長年続くこと」、「運動のし過ぎが長年続くこと」も身体的なストレスとしてあげられます。



そしてがん患者にとってのストレスは、がん細胞があると告知されたときから、生活の不安や社会復帰などの心配、死への恐怖、治療や薬の副作用による痛み、と枚挙にいとまがありません。


これらストレスを、できることから、自分の方法でマネジメントしていく。それは、治療の前向きな自己決定や、家族や親しい人とのコミュニケーション、ラックスと気分転換を上手に取り入れる、ありのままの自分を大事にした、無理をしない生活。


そして栄養のバランスのとれた食事、ほどよい運動。


それらがストレスマネジメントとなり、がんになっても自分らしい生き方を見つけていくことに必ずや、つながるはずです。



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前回、唾液はもともと血液で、 身体にとって非常に大切な働きをしてくれている、 というお話をしました。 今日はその唾液を、より分泌させるにはどうしたらいいか。 唾液の働きをおさらいしておきましょう。 「食べ物を飲み込みやすくする」 噛んで唾液と混ざった食べ物は、飲み込み、いわゆる「嚥下(えんげ)」がスムーズになります。 「味を感じやすくする」 舌にある粒々「味蕾(みらい)」。乾いた食べ物は 舌にさわ

今回のテーマは「唾液はもともと血液⁉」。 秋から冬へ、季節の変わり目、 これからもっと乾燥する季節に突入します。 マスクを着用するのが習慣になって、 気がつくとマスクの下で口呼吸になってしまっていませんか? 口呼吸になると、おのずと口の中が乾き気味になり、 唾液の量が減少します。 実は唾液には、想像を超えた働きが驚くほどあり、 口の中をうるおしながらいろんな活躍をしてくれています。 今日はそんなお

前回は「新型栄養失調」について、 とくに高齢者がおちいりやすい傾向について見ていきました。 かんたんに言うと、「新型栄養失調」とは、 摂取カロリーは足りているのに 特定の栄養が足りていない状態、のこと。 一見やせていても太っていても、ちょうどいい感じの人でも、 誰にでも起こり得るのが特徴です。 年齢や、食の好み、生活習慣などによって食生活というのはほんとうにさまざま。 新型栄養失調におちいりやすい