• 子育て真っ只中 2児のママ

スロージューサーのお話

周りの人に、どんなジューサーを使っているかたずねてみました。



〈パナソニック〉の「ビタミンサーバー」、


〈シャープ〉ヘルシオの「ジュースプレッソ」、


〈クビンス〉、〈ヒューロム〉が各おひとりずつ。



柑橘類専用のタテ型のハンドジューサーを20年以上愛用しているという方、


もうお一人は、万力のようにテーブルに噛ませて


ハンドルをグルグル回すタイプのハンドジューサーの方もいました。


パナソニックがまだ〈ナショナル〉だったころの、


ジューサーとミキサーがセットになっているタイプを使っている方は、


そろそろスロージューサーに買い替えたいそうです。



みなさん異口同音に言っていたのが、


昔の、刃で切って高速の遠心力で果汁を飛ばして集めるタイプのものと、


スロージューサーでつくるコールドプレスジュースは


全然別物!……ということでした。



選んだ決め手はというと、


「デザイン」、「価格」、


「国産メーカーかどうか」、


「ジューサー専門メーカーかどうか」。


あとは「価格.comの口コミを見て選んだ」という方もいました。


今の世の中はほんとうに情報戦ですね。


「価格.com」というサイトはみなさんご存知でしょうか。


最安値で今売っているショップのサイトにクリック一つで行くこともできるし、


人気のランキング、価格の推移、詳しい諸元も比較しながら見ることができ、


なかでもレビューや口コミなど実際に買った人の投稿が多くあって、


おなじメーカーでも発売年、品番ごとに異なる細かい比較、


使ったときの詳しい感想が投稿されていて、


比較することができるので、自分の欲しいものを絞り込むことができます。



ハンドルを回して圧搾するハンドジューサーの方は、


「手で回すよりもスローなジューサーはないはず」、


だから酵素もビタミンもこれがいちばん壊れない、


部品がなく単体だから洗うのもラク!


……と言いながらも、


いつも価格コムのサイトでスロージューサーを見て、


買うならどれかと考えているそうです。



家電は日進月歩、とよく言いますが、


ジューサーも例外ではないでしょうね。



でも私自身がもし今から買うとしたら、


手でハンドルを回すタイプで葉物も入れられるハンドジューサーかなあ、


最も原始的なしくみだし……と思っていますが、


最新の外国製も気になったりします。


みなさんはいかがでしょうか。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は、「上手なマスクのはずし方」。 まだまだマスク生活が続きそうな、日本国内の新型コロナウイルス第7波の感染状況ですね。 以前人の密でないところではマスクを外して深呼吸を、という話をしましたが、マスク生活が長引きそうななか、求められるのは "いかに酸素を体内に取り入れるか"に尽きるかもしれません。 人は、一度吸い込んだ空気から、10%〜20%の酸素を体内に取り込んでいるのだそうです。でも、マスク

このブログでは、低体温はがんを育ててしまうこと、平熱を35度台ではなく、もう少しアップさせて、36度台……、できれば36.4~36.8度くらいに保つことの大切さについて、 何度か共有してきました。 コロナ禍、街なかの大型店、個人店に限らず、いろんなお店や施設の入り口で、 「手の消毒」と、「検温」のセットがもはや日常になっています。 ああ、そういえば、消毒液をプシュッと手に受けると同時に、手首の体温

前回、体の声に耳を傾けていますか、というお話をしましたが、 今回は、そのためにはどうするか、について。 「体の声に耳を傾ける」というのは、欲求や欲望に忠実になるというのとは全く違います。 欲求や欲望に忠実になっていたら、食で言えば「食べたいから食べる」、になってしまいます。欲求って、怖いですね。欲求がないのも怖いです。「食欲がないから食べない」になってしまう。それでは体が、声どころか悲鳴をあげてし