top of page
  • 執筆者の写真温活大好き

乳がん再発&腰痛が!? 40代女性

6年前の乳がんが再発し、肝臓や腹膜にも転移していることがわかりました。 再発して以来、ゆるい糖質制限もはじめて、癌とは共存できている感じがあったのですが、 半年前くらいに患ったぎっくり腰の影響か、慢性的な腰痛があり、自覚症状のない乳がん以上に、日々の生活の中で、その腰痛にとても困っていました。 整骨院や鍼灸、その他色々と試しましたが、治ることはなく諦めていました。(骨転移ではありません) 癌のことを調べている時に、ネットでアップワン陶板浴のことを知り、 ちょうど近所にアップワン陶板浴が試せるマッサージルームがOPENしたため、行ってみました。 岩盤浴とはまた違う、とても気持ちのよい温かさで、芯から癒されるような、細胞が透明になっていくような、そんな印象を受けました。 ほんの30分ほど寝ただけですが、なんと!!! あれほどずっと痛かった腰の痛みがなくなっている。 陶板浴のHPを見ると、1週間の貸し出しがあるとのこと。早速申し込みをしました。 1週間の間毎日、癌細胞が溶けていくイメージをしながら(実際に自分自身も気持ちよくて溶けました。笑)、陶板浴の上に寝そべりました。 とても幸せな1週間でした。 レンタルしてまず気づいたのは、肌がすごくきれいになってくすみが取れ、20代の頃のような透明感が出てきたことです。 毎日鏡を見るのが楽しみになりました。 どんな高級美容液よりも即効性のある、素晴らしいアンチエイジング効果☆ これは女性として、とてもうれしい副作用?でした。 そして、1週間のレンタル期間が終了・・・。 残念ながら、シングルマザーの私には、陶板浴を購入する余力がなく返却したのですが、 ある方のご厚意により、陶板浴を再度、家に迎え入れることができました。 娘が成人するまでは、せめて生きていたい、そう思う気持ちを神様に応援してもらった気持ちになりました。 精神的にも肉体的にも、キツイ日が多いですが、陶板浴の上で休んでいると、不思議と心までリラックスしてきます。 奇しくも、先日の定期健診のエコー検査では、肝臓などの腫瘍の大きさが、半年前の半分になっていました。 陶板浴を毎日続けていれば、きっといつか、癌細胞はなくなっていくだろうな…そんな確信と安心感があります。 アップワン陶板浴を開発してくださったこと、そして、我が家へきてくれた陶板浴。 本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 ありがとうございます!!! これからも毎日、愛用させていただきます(^^)/



最新記事

すべて表示

【陶板浴ディープインタビュー】11年前、左乳がんⅡ期。抗がん剤による苦しい治療を経て、自然治療の道を選択。今はすべてをありのままに受け入れて、感謝する毎日です。Kさん(女性・40歳・神奈川県在住)

左乳がんⅡ期と診断され、温存手術、放射線治療、ホルモン治療を経て数年後、両胸局所再発。勧められた両胸全摘ではなく自然治療の道を選んだKさん。「体が温まると、心も休まり、安心につながります。陶板浴は私にとってなくてはならない存在です」と、今回のインタビューに快く応じてくださった。 インタビュアー:いっしょに写真を撮らせていただいた、背景に移っている絵葉書がとてもステキですね。 Kさん:ありがとうござ

胃癌ステージ4、陶板浴で腫瘍マーカー数値改善!

私も同じように他の方の体験談を探しまくっていたのでどなたかの参考になればと思います。 私の妻は胃がんで2022年7月末に開腹手術を行いました。 胃の3/4摘出、2022年12月時点で、ステージが悪く抗がん剤(TS-1)を服用してました。 抗がん剤が合わず、副作用で苦しんでいました。 症状としては下痢、腹痛・・・2回入院、今も味覚障害で食べられるものが少なく苦闘。 ステージ4を告知されました。 点滴

乳ガン多発性骨転移

平成26年9月、左乳ガン全摘手術をしました。 腫瘍ができた位置が悪かった為、全摘しましたが、ステージ1でガンの性質もおとなしく進行度も遅いタイプとわかり、ホルモン療法を続けていました。 ところが平成28年12月、前から痛かった左股関節を調べると乳ガンの骨転位だとわかり、腰にもいくつかあり、また股関節は骨がスカスカでいつ骨折してもおかしくないと言われ、その瞬間から車椅子になってしまいました。 転移の

Opmerkingen


bottom of page