• 温活大好き

乳ガンを克服 50代女性

私は平成27年10月に乳ガン(HER2陽性ステージ3C、脇の下鎖骨の上下に転移)の診断を受けました。

ハーセプチンという分子標的薬の特効薬がありましたので標準治療を受け入れましたが、

同時期に陶板浴と出会っていたので、併用することにしました。


当時はアップワン陶板浴を知らなかったので、毎日片道一時間弱かけてサロンに通いました。

おかげ様で、口内炎、吐き気、食欲不振などの副作用がほとんどでない闘病生活でした。

驚いたのは術前8回の抗がん剤投与でがんが全て消えてしまったことです。


陶板のおかげで体が楽だったので毎日楽しく前向きに過ごせたのが大きかったと思います。

消えたので手術しなくてすむと思ったのですが、主治医いわく抗がん剤8回→手術→放射線→分子標的薬13回はしなければならないとのこと。


治療は主治医にお任せすると決めていたので切除はしましたが温存することが出来ました。

術後の組織検査でも、がんの反応は出ませんでした。

仕事復帰が近づき陶板サロンに通えなくなるので困っていた昨年春、アップワンを知り、早速購入しました。

やはり、毎日できるのがとてもよいようです。


私はヨガをやっているのですが、いま流行りの引き寄せヨガのスーパーリラックス状態と陶板に寝ているときとが全く同じ状態であることに最近気付きました。

だからでしょうか、ここ数ヶ月いろんな良いことが引き寄せられているように思います。

陶板のおかげで幸せな毎日を送っています。

1月末から闘病記をブログに綴り始めました。

yuba3286のブログ 世界は神さまのなかに よろしければご一読ください。





閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ミトコンドリアは人間の37兆個ある細胞の1個1個の中に数百〜数千個あり、それがATP(=アデノシン三リン酸)というエネルギーを日々刻々生産してくれています。 人間の体内で作り出されるATPの、90%以上をミトコンドリアが作っているというのですから、ミトコンドリアがどれだけ大切かがわかります。 ではどうすればミトコンドリアは体内で増えてくれるのでしょうか。 今回は、ミトコンドリアを効果的に増やす栄養

ナノ医療イノベーションセンター、 略してiCONM(Innovation Center of NanoMedhicine) 皆さん聞いたことありますか? 大手製薬会社やベンチャー企業多終結した組織。片岡一則センター長を筆頭に、多様な技術と人材が交流する場として研究が進められています。 iCONMの掲げる医療技術はというと、「体内医院」。 体内の、医院です。体内にある病院って、どういうことでしょう…

自分自身や家族など、身近な人が病気にかかった場合、多くの人がネット検索をする時代です。とくにがんは、高齢になるほどかかりやすい病気であり、1981年以降、死因のトップにある病名ではあり、2014年には生涯で日本人ががんにかかる確率は男性62%、女性47%と、およそ2人に1人は生涯に1度はかかる病気であるとされています。 しかし、治療の進歩はどんどん進んでおり、「がん=死、ではない」ことが周知されつ