top of page
  • 執筆者の写真温活大好き

乳ガンを克服 50代女性

私は平成27年10月に乳ガン(HER2陽性ステージ3C、脇の下鎖骨の上下に転移)の診断を受けました。

ハーセプチンという分子標的薬の特効薬がありましたので標準治療を受け入れましたが、

同時期に陶板浴と出会っていたので、併用することにしました。


当時はアップワン陶板浴を知らなかったので、毎日片道一時間弱かけてサロンに通いました。

おかげ様で、口内炎、吐き気、食欲不振などの副作用がほとんどでない闘病生活でした。

驚いたのは術前8回の抗がん剤投与でがんが全て消えてしまったことです。


陶板のおかげで体が楽だったので毎日楽しく前向きに過ごせたのが大きかったと思います。

消えたので手術しなくてすむと思ったのですが、主治医いわく抗がん剤8回→手術→放射線→分子標的薬13回はしなければならないとのこと。


治療は主治医にお任せすると決めていたので切除はしましたが温存することが出来ました。

術後の組織検査でも、がんの反応は出ませんでした。

仕事復帰が近づき陶板サロンに通えなくなるので困っていた昨年春、アップワンを知り、早速購入しました。

やはり、毎日できるのがとてもよいようです。


私はヨガをやっているのですが、いま流行りの引き寄せヨガのスーパーリラックス状態と陶板に寝ているときとが全く同じ状態であることに最近気付きました。

だからでしょうか、ここ数ヶ月いろんな良いことが引き寄せられているように思います。

陶板のおかげで幸せな毎日を送っています。

1月末から闘病記をブログに綴り始めました。

yuba3286のブログ 世界は神さまのなかに よろしければご一読ください。





閲覧数:72回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【陶板浴ディープインタビュー】11年前、左乳がんⅡ期。抗がん剤による苦しい治療を経て、自然治療の道を選択。今はすべてをありのままに受け入れて、感謝する毎日です。Kさん(女性・40歳・神奈川県在住)

左乳がんⅡ期と診断され、温存手術、放射線治療、ホルモン治療を経て数年後、両胸局所再発。勧められた両胸全摘ではなく自然治療の道を選んだKさん。「体が温まると、心も休まり、安心につながります。陶板浴は私にとってなくてはならない存在です」と、今回のインタビューに快く応じてくださった。 インタビュアー:いっしょに写真を撮らせていただいた、背景に移っている絵葉書がとてもステキですね。 Kさん:ありがとうござ

胃癌ステージ4、陶板浴で腫瘍マーカー数値改善!

私も同じように他の方の体験談を探しまくっていたのでどなたかの参考になればと思います。 私の妻は胃がんで2022年7月末に開腹手術を行いました。 胃の3/4摘出、2022年12月時点で、ステージが悪く抗がん剤(TS-1)を服用してました。 抗がん剤が合わず、副作用で苦しんでいました。 症状としては下痢、腹痛・・・2回入院、今も味覚障害で食べられるものが少なく苦闘。 ステージ4を告知されました。 点滴

乳ガン多発性骨転移

平成26年9月、左乳ガン全摘手術をしました。 腫瘍ができた位置が悪かった為、全摘しましたが、ステージ1でガンの性質もおとなしく進行度も遅いタイプとわかり、ホルモン療法を続けていました。 ところが平成28年12月、前から痛かった左股関節を調べると乳ガンの骨転位だとわかり、腰にもいくつかあり、また股関節は骨がスカスカでいつ骨折してもおかしくないと言われ、その瞬間から車椅子になってしまいました。 転移の

Commentaires


bottom of page