• 子育て真っ只中 2児のママ

体内病院ががんを治療する!?

ナノ医療イノベーションセンター、


略してiCONM(Innovation Center of NanoMedhicine)


皆さん聞いたことありますか?


大手製薬会社やベンチャー企業多終結した組織。片岡一則センター長を筆頭に、多様な技術と人材が交流する場として研究が進められています。


iCONMの掲げる医療技術はというと、「体内医院」。


体内の、医院です。体内にある病院って、どういうことでしょう……?


iCONMのいう体内病院とは、「人体内の、『必要な場所で・必要な時に・必要な診断と治療』を行う、ウイルスサイズ(〜50nm)の、スマートナノマシンの創製による体内病院の構築」だそうです。(iCONMのHPより)


もう少しわかりやすく言うと、ウイルスと同じくらいの小ささの、50nmにも満たないナノマシンを、体の中に入れるのだそうです。


マシン=機械、と聞いて想像するのは、心臓のペースメーカーのような金属的なものですが、そうではなく、「分子を習合させるひも状の分子のかたまり」なのだそうです。



そもそも、正常な細胞と、がん細胞の違いのひとつに、細胞に空いている穴、「すきまの大きさの違い」というのがあって、正常な細胞に比べて、がん細胞はこのすきまが大きいんですね。このナノマシンは、正常な細胞の隙間には入らないサイズで、がん細胞に空いている隙間には入るサイズということになります。


薬をコーティングしたナノマシンが、体じゅうをめぐり、正常細胞の中には入らないけれど、がん細胞の中には届いて、効力を発揮してくれる。このナノマシンは、常時体の中にいる。だからこその体内病院ということですね。


そもそも、がん治療というのは、薬を目的の場所「だけ」に運ぶことが難しい治療。

放射線が健康な細胞も攻撃してしまうのもそうだし、抗がん剤が副作用をともなうというのもそうですよね。薬を、目的の場所に適切に運ぶ、を実現するのが、体内病院、ナノマシンということです。ナノマシンのしくみである、ひも状の分子の話は、ちょっと専門的なので、興味のある方はぜひ調べてみてください。


いつも科学や医療の進歩は、一般の想像を超えた研究を今している人たちのおかげでぐんぐん進んでいます。


---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---

* 編集後記  *


「日本人は食事を3食きちんと食べよう、と教育するが、回数が多い、2食でいい」、という人がいます。


日本人は農耕民族で、主に米を食べ、肉食はしなかった。欧米人はもともと狩猟民族だし、肉食。アメリカで出されるステーキ肉の大きさを見ると、「これ何人前?」という量だったりしますよね。また、お腹がすくことで若返りホルモンが分泌されるともいわれる一方、

食事の回数を減らす、間をあけると過食にもつながり、血糖値の乱高下にもつながるともいわれます。どれも間違ってはいない情報かもしれなくても、情報を鵜呑みにするのではなく自分でも勉強して自分にとっての正しい情報はどれか、がとても大切ですね。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ミトコンドリアは人間の37兆個ある細胞の1個1個の中に数百〜数千個あり、それがATP(=アデノシン三リン酸)というエネルギーを日々刻々生産してくれています。 人間の体内で作り出されるATPの、90%以上をミトコンドリアが作っているというのですから、ミトコンドリアがどれだけ大切かがわかります。 ではどうすればミトコンドリアは体内で増えてくれるのでしょうか。 今回は、ミトコンドリアを効果的に増やす栄養

自分自身や家族など、身近な人が病気にかかった場合、多くの人がネット検索をする時代です。とくにがんは、高齢になるほどかかりやすい病気であり、1981年以降、死因のトップにある病名ではあり、2014年には生涯で日本人ががんにかかる確率は男性62%、女性47%と、およそ2人に1人は生涯に1度はかかる病気であるとされています。 しかし、治療の進歩はどんどん進んでおり、「がん=死、ではない」ことが周知されつ

睡眠、食事、に続いて、今回は「運動」について見ていきたいと思います。 なんらかの持病を持っている、とくにがん患者であるという場合、もちろんがんにもさまざまながんがありますので一概には言えませんが、「がん患者が運動をしていいのか」とか そもそも「運動する必要があるのか」という疑問があります。 がんが身近な病気でないと思っている人、そういったところから経験も知識も乏しい人は、 「がん患者」というと病院