• 温活大好き

乳癌ステージⅡと診断、体温が上がりました。 50代女性

平成28年10月に乳癌ステージⅡと診断されました。リンパにも転移しており、手術、抗がん剤、放射線と標準治療を受けながら民間療法でも何か良いものはないか探し始めました。


フェイスブックでステージ4の大腸癌が寛解した男性にたどりつき、おすすめの陶板浴を知りました。

その施設では、癌が寛解したり、抗がん剤の副作用が減り体調が良くなった方が多くおられる様でした。

購入後毎日使用しておりますが、ぽかぽか気持ちよくて必ず寝てしまいます。

真夏でもクーラーをかけて使用し、やっぱり寝てしまいます。

体温は35度台でしたが、今は36度8分を切ることはありまあせん。

また汗をかきにくい体質でしたが、今ではよく汗をかくようになりました。

体温が高いと癌にも効果があると言いますので、このまま陶板浴を続け再発防止に励みたいと思います。



閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は、そのマインドフルネスとやらを得るためには具体的にどんなことをするとよいか、のお話。とくにこのブログを読んでくださっている方は陶板浴ファンでいてくださる方も多いので、陶板浴でマインドフルネス!というのが本日のテーマ。 もちろん陶板浴をお持ちでなくてもできますので、やっていきましょう。 マインドフルネスを得るためには3つ、ポイントがあります。 一つめは、「呼吸」。 ストレスが、脳に与えてしまう

細胞の中に平均数百個あるミトコンドリアがATP(=アデノシン三リン酸)というエネルギーを生産してくれています。 ミトコンドリアは体を動かすエネルギーのもととなり、手足や体の各部を動かすのはもちろん、臓器の活動も担っている、非常に大切なもの。 いかに効果的に増やすかがカギとなります。 今日は、ミトコンドリアと「運動」との関係を調べていきますね。 細胞内のミトコンドリアは、30歳くらいを境に徐々に減っ

ミトコンドリアは人間の37兆個ある細胞の1個1個の中に数百〜数千個あり、それがATP(=アデノシン三リン酸)というエネルギーを日々刻々生産してくれています。 人間の体内で作り出されるATPの、90%以上をミトコンドリアが作っているというのですから、ミトコンドリアがどれだけ大切かがわかります。 ではどうすればミトコンドリアは体内で増えてくれるのでしょうか。 今回は、ミトコンドリアを効果的に増やす栄養