• 温活大好き

余命宣告からの生還 1

●私は2008年4月に、定期健康診断を受けました。

その際に白血球数値に異常があることがわかり、 都内の大手病院で精密検査を受けることになりました。

精密検査の結果、胃ガンであることが判明したのです。 私が余命が数か月(抗がん剤治療をして1年)と宣告されてから、 陶板浴をとおして健康状態が改善されていった体験談をご紹介します。

●進行性で、ステージはⅣ。つまり末期ガン。 リンパへの転移もみられるとのことでした。

さらに悪いことに、 ガンの大きさは10cm以上もあり、食道まで侵しているとのこと…。 自覚症状はまったくありませんでした。

●宣告された余命はわずか数か月(抗ガン剤治療で余命1年)。 5年生存率は8%。目の前が真っ暗になりました。


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は、そのマインドフルネスとやらを得るためには具体的にどんなことをするとよいか、のお話。とくにこのブログを読んでくださっている方は陶板浴ファンでいてくださる方も多いので、陶板浴でマインドフルネス!というのが本日のテーマ。 もちろん陶板浴をお持ちでなくてもできますので、やっていきましょう。 マインドフルネスを得るためには3つ、ポイントがあります。 一つめは、「呼吸」。 ストレスが、脳に与えてしまう

ミトコンドリアは人間の37兆個ある細胞の1個1個の中に数百〜数千個あり、それがATP(=アデノシン三リン酸)というエネルギーを日々刻々生産してくれています。 人間の体内で作り出されるATPの、90%以上をミトコンドリアが作っているというのですから、ミトコンドリアがどれだけ大切かがわかります。 ではどうすればミトコンドリアは体内で増えてくれるのでしょうか。 今回は、ミトコンドリアを効果的に増やす栄養

ナノ医療イノベーションセンター、 略してiCONM(Innovation Center of NanoMedhicine) 皆さん聞いたことありますか? 大手製薬会社やベンチャー企業多終結した組織。片岡一則センター長を筆頭に、多様な技術と人材が交流する場として研究が進められています。 iCONMの掲げる医療技術はというと、「体内医院」。 体内の、医院です。体内にある病院って、どういうことでしょう…