• 温活大好き

余命宣告からの生還 3

●自律神経免疫療法とは、生活全般を副交感神経優位の状態

(ゆったり、リラックスしている状態)に改善することで、 自律神経が白血球で免疫を担当しているリンパ球を増やし、 ガンや病気の自然治癒を目指す療法です。

●反対にストレス状態では、リンパ球が減少するそうです。

免疫細胞のリンパ球を増やし、新陳代謝で健康な細胞を手にするために、 具体的には3つのことを実践しました。

○規則正しい生活習慣にする

○毎日、陶板浴で温浴する

○酵素を積極的に摂取する


◆従来の陶板浴を選択

陶板浴にかようことを決めたのは、血流や体温、病気の改善がされたという 多くの陶板浴体験者の声を耳にしたからです。

私は、陶板浴に期待できる効果と自律神経免疫療法との相互補完や整合性が素晴らしいと判断し、 陶板浴への温浴を続けました。










◆酵素の摂取

●陶板浴に加え、新陳代謝を促進するため、代謝酵素を大量に摂取することにしました。

生きた酵素を摂取することによる病気の改善の事例が多く報告されていたからです。

酵素の元となる副酵素は生野菜、果物など、生の食物に多く含まれています。

高温で加熱料理してしまうと酵素は摂取できないので、特殊なジューサーを使う必要があります。

●私は、リンゴ・ニンジン・ショウガ・キャベツを 圧縮低速ジューサーで搾りだしたジュースを毎朝コップ3杯ほど飲みました。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は、そのマインドフルネスとやらを得るためには具体的にどんなことをするとよいか、のお話。とくにこのブログを読んでくださっている方は陶板浴ファンでいてくださる方も多いので、陶板浴でマインドフルネス!というのが本日のテーマ。 もちろん陶板浴をお持ちでなくてもできますので、やっていきましょう。 マインドフルネスを得るためには3つ、ポイントがあります。 一つめは、「呼吸」。 ストレスが、脳に与えてしまう

ミトコンドリアは人間の37兆個ある細胞の1個1個の中に数百〜数千個あり、それがATP(=アデノシン三リン酸)というエネルギーを日々刻々生産してくれています。 人間の体内で作り出されるATPの、90%以上をミトコンドリアが作っているというのですから、ミトコンドリアがどれだけ大切かがわかります。 ではどうすればミトコンドリアは体内で増えてくれるのでしょうか。 今回は、ミトコンドリアを効果的に増やす栄養

ナノ医療イノベーションセンター、 略してiCONM(Innovation Center of NanoMedhicine) 皆さん聞いたことありますか? 大手製薬会社やベンチャー企業多終結した組織。片岡一則センター長を筆頭に、多様な技術と人材が交流する場として研究が進められています。 iCONMの掲げる医療技術はというと、「体内医院」。 体内の、医院です。体内にある病院って、どういうことでしょう…