top of page
  • 執筆者の写真子育て真っ只中 2児のママ

光免疫療法、今どうなってる?

2020年9月に、世界に先駆けて日本において認証されたのが「光免疫療法」。


開発したのは、小林久隆さんという医学者。アメリカの国立衛生研究所で主任研究員をされています。


「光免疫療法」。これはその名の通り、光でがんを攻撃して、それだけでなく同時に患者の免疫で防御力も高めるという最新の治療法です。この治療法が特別に注目されているのは、

なんといっても、放射線治療や抗がん剤と大きく異なり「副作用が格段に少ない」こと。

これはとてつもなく画期的なことです。


理論的には、がん細胞のまわりの正常細胞に影響を及ぼさずがん細胞「だけ」を選択して攻撃してくれるというのです。しかも同時に、がん細胞が破壊された瞬間に、がん自体が抗原情報をまき散らし、これを免疫細胞が得ることで、免疫システムが発動、同じ種類のがんを防ぐワクチン効果にさえなるといいます。ただし、今の時点では「一部の頭頚部がんのみが保険の対象」で、「切除不能な局所進行または局所再発の頭頚部がん」だけがこの新療法の対象になっています。


とはいえそれらの術後経過は実際とてもよいのだそうです。東京医科大学病院で実際に咽頭がんの施術をした塚原医師は、光免疫療法の場合、これまでの外科手術のように腫瘍を切除すると同時に必要だった欠損部分の移植手術を必要としないため、7時間かかっていたところ1時間で済む。これが、光免疫療法のアドバンテージとして、副作用がほぼないだけでなく、患者さんの肉体的、精神的負担も格段に軽くできる点であると述べています。


では近い将来はというと、「近い将来には、8割から9割の固形がんに適用されるはず」と見込まれているようです。(※固形がん:白血病などの血液のがん以外の、臓器、組織で腫瘍となるがんのこと)


副作用が少ない、理論的にはない、とされる光免疫療法。


一日も早く多くのがんに適用される日を望みたいですが、あるお医者さんに、どうしてほかのがん治療にもこの光免疫療法がすぐ広まらないのか、一般人にもわかるように説明してほしいと頼んだところ、「ほとんど痛みを感じない患者さんもいる一方、かなり痛みをともなう患者さんもいる」であるとか、「光の届きにくい場所の場合も多く、照射装置に限界がある」、いちばん大きいのが「薬剤が結合しながん細胞には効かない」など、さまざまな課題があるのだそう。



国立がん研究センターではほかのがんに対する治験もすでに始まっていて、食道がん、胃がんをはじめ有効とされるがんに対して、そして第二、第三のがんに対しても新薬の開発が行われ始めているとのこと。


しかし一方で、光免疫療法という名前だけが独り歩きしだしたこともあるのか、高額な治療費だけが目的の悪徳クリニックも跋扈しはじめています。今、光免疫療法がどこなのかというと、現在はちょうどここ。保険のきかない自由診療で光免疫療法まがいの治療をうたう悪質サイト・悪質療法にひっかかるようなことのないよう、くれぐれも気をつけなければいけません。


4番目、5番目の標準治療として、多くのがん治療に光免疫療法が保険で適用される近い未来を、心から望みます。


最新記事

すべて表示

気持ちと体、両面からの疲れには

副腎疲労にならないための第一歩として 「カフェインの摂りすぎに注意」というお話をしました。 コーヒーやお茶など、カフェインの多く含まれる飲み物は 1日に3~4杯以下が目安。 さらに付け加えると、夕方5時以降はカフェインを摂らないのが理想。 「玉露を飲んでもよく眠れるから私は大丈夫!」 (※ちなみに高級緑茶の代名詞、玉露はふつうのせん茶の7~8倍ものカフェインが含まれています) という人もいるかもし

唾液を分泌させるには?

前回、唾液はもともと血液で、 身体にとって非常に大切な働きをしてくれている、 というお話をしました。 今日はその唾液を、より分泌させるにはどうしたらいいか。 唾液の働きをおさらいしておきましょう。 「食べ物を飲み込みやすくする」 噛んで唾液と混ざった食べ物は、飲み込み、いわゆる「嚥下(えんげ)」がスムーズになります。 「味を感じやすくする」 舌にある粒々「味蕾(みらい)」。乾いた食べ物は 舌にさわ

唾液はもともと血液⁉

今回のテーマは「唾液はもともと血液⁉」。 秋から冬へ、季節の変わり目、 これからもっと乾燥する季節に突入します。 マスクを着用するのが習慣になって、 気がつくとマスクの下で口呼吸になってしまっていませんか? 口呼吸になると、おのずと口の中が乾き気味になり、 唾液の量が減少します。 実は唾液には、想像を超えた働きが驚くほどあり、 口の中をうるおしながらいろんな活躍をしてくれています。 今日はそんなお

Comments


bottom of page