• 温活大好き

冷えがひどく、自律神経が乱れています 60代女性

60歳の女性です。

更年期障害からくる冷え性や自律神経の乱れで手足が冷えて布団に入っても冷たくて苦しんでいました。 病院で見てもらっていたのですが、一向によくならず、整体、フットマッサージや漢方薬を飲んでいました。


友人に陶板浴の話を聞いて昨年の7月ぐらいから、週3回ぐらい行っています。

3回ぐらいで、これは何となくですが、いいかなと感じました。

今は、汗をかきやすくなった。 体温が35℃だったのが、36℃台になった。

冷えも解消して、体が軽くなり、友人と旅行も出来るようになった。

何よりも、食べても太らなくなった。

そして、イライラがなくなり、穏やかになったと主人に言われる。




閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は、そのマインドフルネスとやらを得るためには具体的にどんなことをするとよいか、のお話。とくにこのブログを読んでくださっている方は陶板浴ファンでいてくださる方も多いので、陶板浴でマインドフルネス!というのが本日のテーマ。 もちろん陶板浴をお持ちでなくてもできますので、やっていきましょう。 マインドフルネスを得るためには3つ、ポイントがあります。 一つめは、「呼吸」。 ストレスが、脳に与えてしまう

細胞の中に平均数百個あるミトコンドリアがATP(=アデノシン三リン酸)というエネルギーを生産してくれています。 ミトコンドリアは体を動かすエネルギーのもととなり、手足や体の各部を動かすのはもちろん、臓器の活動も担っている、非常に大切なもの。 いかに効果的に増やすかがカギとなります。 今日は、ミトコンドリアと「運動」との関係を調べていきますね。 細胞内のミトコンドリアは、30歳くらいを境に徐々に減っ

ウィズコロナもしかり、ウィズ老化もしかり、ウィズ持病もしかり。 ウイルスゼロも、 完璧な健康体も、 不老不死もありえない。 つねに老化への過程、 つねに多かれ少なかれ何らかの持病の中でのゆらぎ、 つねにあらゆるウイルスにはさらされているとみて、 自分や家族の心身を、 なるべくよい状態に保ち、 できることなら少しでも向上させる方向へシフトしたいものです。 そのために何ができるのか。 ウィズコロナ、ウ