• 温活大好き

唾液はもともと血液⁉

今回のテーマは「唾液はもともと血液⁉」。



秋から冬へ、季節の変わり目、


これからもっと乾燥する季節に突入します。



マスクを着用するのが習慣になって、


気がつくとマスクの下で口呼吸になってしまっていませんか?



口呼吸になると、おのずと口の中が乾き気味になり、


唾液の量が減少します。



実は唾液には、想像を超えた働きが驚くほどあり、


口の中をうるおしながらいろんな活躍をしてくれています。



今日はそんなお話。



まず、衝撃の事実から。



「唾液は、もともと血液」



だったということ、ご存知でしたでしょうか⁉


唾液はもともと血液、そうなんです。



そのしくみはどうなっているのかというと、


水分を摂取する → 骨髄で血液が作られる


→ 血液が唾液腺で唾液に作り変えられる


というメカニズムなのだそうです。



唾液は透明といえば透明ですが、


コップで飲んだ水がどこかを通って唾液に変わるわけではなくて、



一度「血液」になって、


それから唾液に変わるのだそう。



一度赤い血液になるのか……と想像すると不思議ですが、


食べたものがいろいろを経て体の細胞、自分になるわけですから、


そんなこと不思議がっていたらキリがないですよね。



さて今、私たちの口の中にある唾液。


この唾液にはとてつもなくたくさんの有効成分が含まれています。


アミラーゼは消化作用。


歯の保護をする糖タンパク。


ねっとりとして粘膜保護作用をもつムチン。


歯の補修作用をもつリン酸・カルシウム。


粘膜の修復や細胞の保護をしてくれる成長ホルモン。


抗菌作用のあるリゾチーム、ラクトフェリン、


そして免疫グロブリンA。



免疫グロブリンAは、


抗体の一種で、人の腸管、気道などの粘膜に多くあり、


細菌やウイルス感染の予防に大活躍してくれています。


唾液に含まれる免疫グロブリンAの量が多いと、


呼吸器系疾患にかかりづらいということが分かっています。



口はふだん、食べたり会話したりしていないときは、


閉じて鼻呼吸しているのが理想だと言われるのは、


口の中を唾液がうるおしてくれている状態がベターだからというのも大きな理由の一つ。



唾液が口内の自浄作用をうながし、


粘膜を保護し、


口内を中性に保ちます。



唾液の分泌が減少して口内が乾きやすくなると、


口内炎になりやすくなったり、


潤滑しないので会話がしづらくなったり。


口内細菌が活発に増える、


飲食物の酸により口内が酸性に傾いて虫歯になりやすくなる、


消化酵素が減少して胃の負担が増えるなど、


ネガティブな影響が少なくありません。



では「唾液の分泌はなぜ減少してしまうのか」、


「どうすれば唾液の分泌をうながすことができるのか」。



そこについては次回、またお話ししていきますね。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前回、唾液はもともと血液で、 身体にとって非常に大切な働きをしてくれている、 というお話をしました。 今日はその唾液を、より分泌させるにはどうしたらいいか。 唾液の働きをおさらいしておきましょう。 「食べ物を飲み込みやすくする」 噛んで唾液と混ざった食べ物は、飲み込み、いわゆる「嚥下(えんげ)」がスムーズになります。 「味を感じやすくする」 舌にある粒々「味蕾(みらい)」。乾いた食べ物は 舌にさわ

前回は「新型栄養失調」について、 とくに高齢者がおちいりやすい傾向について見ていきました。 かんたんに言うと、「新型栄養失調」とは、 摂取カロリーは足りているのに 特定の栄養が足りていない状態、のこと。 一見やせていても太っていても、ちょうどいい感じの人でも、 誰にでも起こり得るのが特徴です。 年齢や、食の好み、生活習慣などによって食生活というのはほんとうにさまざま。 新型栄養失調におちいりやすい

日本人の食生活は、 第二次大戦中・戦後の食糧の乏しく厳しい時代を乗り越え、 そして高度経済成長期を経て、 食料事情は安定し、豊かの一途をたどってきました。 生産も、流通も、保存も、加工も充実し、 「飽食の時代」といわれてしまうほど成熟しました。 そして「豊か」を通り越して、 売れ残った食材や、消費し残された食材、 豊富に収穫されすぎて、捨てたほうが損にならないからといった理由で、 大量の食材を廃棄