• 子育て真っ只中 2児のママ

夏こそ身体を温めよう

こんにちは。


今日は、「夏こそ体を温めよう」というお話。



夏は、あらゆる外的要素が体を冷やしにかかります。


冷房、薄着、冷たい飲み物・食べ物、食欲の減少、栄養のかたより。


暑い屋外との寒暖差、ストレス、睡眠の質の低下による自律神経の乱れ。


冷えた体の筋肉は縮こまり、全身の代謝が低下することで、


とれない疲れ、だるさにつながります。


低体温の体の中では、免疫細胞が働きにくくなり、がん細胞はがぜん活発になります。


低体温は不調を育て、がんを育てるのです。


免疫細胞は体の深部体温が37度以上で活発化すると言われています。体温計を舌下に入れて測ると深部体温に少し近くなりますが、一般的なわきの下で測る方法ならば、36.5度以上が目安です。


夏場、仕事先の冷房が少しでも強いなと感じている方はとくに、太い血管の走っているふとももを温めるひざ掛けを。冷気は下へと流れるので、冷房の効いた職場では素足ではなく靴下を。立ったまま、座ったままだと血流が低下するので、ストレッチをする、足首を動かすなど、意識的にちょこちょこ運動を。



そして一日の終わりのお風呂。夏はシャワーで済ませがちな方もぜひ、「夏こそ湯船につかる」、を習慣にしてください。熱めのお湯だと交感神経が刺激されてしまうので、ぬるめのお湯に、ゆっくりと。寝る格好は、モフモフの肌ざわりの化学繊維も人気のようですが、できれば寝汗をちゃんと吸ってくれる天然素材のパジャマを。


そして寝る前のスマホチェックは、これがまた交感神経を思いきり刺激してしまうそうなので、ぜひ布団に持ち込むことはせずに……。


質の良い睡眠は、低体温を退けてくれます。


ぜひ今年は、「夏こそ体を温めよう」!

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前回、唾液はもともと血液で、 身体にとって非常に大切な働きをしてくれている、 というお話をしました。 今日はその唾液を、より分泌させるにはどうしたらいいか。 唾液の働きをおさらいしておきましょう。 「食べ物を飲み込みやすくする」 噛んで唾液と混ざった食べ物は、飲み込み、いわゆる「嚥下(えんげ)」がスムーズになります。 「味を感じやすくする」 舌にある粒々「味蕾(みらい)」。乾いた食べ物は 舌にさわ

今回のテーマは「唾液はもともと血液⁉」。 秋から冬へ、季節の変わり目、 これからもっと乾燥する季節に突入します。 マスクを着用するのが習慣になって、 気がつくとマスクの下で口呼吸になってしまっていませんか? 口呼吸になると、おのずと口の中が乾き気味になり、 唾液の量が減少します。 実は唾液には、想像を超えた働きが驚くほどあり、 口の中をうるおしながらいろんな活躍をしてくれています。 今日はそんなお

前回は「新型栄養失調」について、 とくに高齢者がおちいりやすい傾向について見ていきました。 かんたんに言うと、「新型栄養失調」とは、 摂取カロリーは足りているのに 特定の栄養が足りていない状態、のこと。 一見やせていても太っていても、ちょうどいい感じの人でも、 誰にでも起こり得るのが特徴です。 年齢や、食の好み、生活習慣などによって食生活というのはほんとうにさまざま。 新型栄養失調におちいりやすい