• 温活大好き

子宮頸がんの再発完治と言う 嬉しいお言葉を頂きました。50代女性

子宮頸がんの再発で、手術は癒着のため危険 、小線量治療を選択し 2回に分けて16日の入院で、ほぼガンは消えました。

今度再発したら、治療の選択肢がないと先生に宣告されました。


子供から、陶板浴が効果があると聞き、近くの治療院に3ヶ月ほどかよいましたが 主人がアップワンの陶板浴を見つけ、購入してくれました。


PET-MRIの検査まで1ヶ月の時間、陶板浴が届いてから、1日3回のペースで温めました。PET-MRIの当日、先生から私が危惧していた1%の心配がなくなりました。

完治です。

この言葉が何物にも変えがたく、嬉しかったです。

私の職業のケアマネも、心置きなく、励めそうです。

これからも病院で月に一度の経過観察が始まります。

しかし、絶対に再発は許されません。

陶板浴は一生続けます。

陶板浴を購入してくれた主人に感謝の日々です。



閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は、そのマインドフルネスとやらを得るためには具体的にどんなことをするとよいか、のお話。とくにこのブログを読んでくださっている方は陶板浴ファンでいてくださる方も多いので、陶板浴でマインドフルネス!というのが本日のテーマ。 もちろん陶板浴をお持ちでなくてもできますので、やっていきましょう。 マインドフルネスを得るためには3つ、ポイントがあります。 一つめは、「呼吸」。 ストレスが、脳に与えてしまう

ミトコンドリアは人間の37兆個ある細胞の1個1個の中に数百〜数千個あり、それがATP(=アデノシン三リン酸)というエネルギーを日々刻々生産してくれています。 人間の体内で作り出されるATPの、90%以上をミトコンドリアが作っているというのですから、ミトコンドリアがどれだけ大切かがわかります。 ではどうすればミトコンドリアは体内で増えてくれるのでしょうか。 今回は、ミトコンドリアを効果的に増やす栄養

ナノ医療イノベーションセンター、 略してiCONM(Innovation Center of NanoMedhicine) 皆さん聞いたことありますか? 大手製薬会社やベンチャー企業多終結した組織。片岡一則センター長を筆頭に、多様な技術と人材が交流する場として研究が進められています。 iCONMの掲げる医療技術はというと、「体内医院」。 体内の、医院です。体内にある病院って、どういうことでしょう…