top of page
  • 子育て真っ只中 2児のママ

平熱にリズムがある⁉

このブログでは、低体温はがんを育ててしまうこと、平熱を35度台ではなく、もう少しアップさせて、36度台……、できれば36.4~36.8度くらいに保つことの大切さについて、

何度か共有してきました。


コロナ禍、街なかの大型店、個人店に限らず、いろんなお店や施設の入り口で、

「手の消毒」と、「検温」のセットがもはや日常になっています。


ああ、そういえば、消毒液をプシュッと手に受けると同時に、手首の体温を測ってくれる、2ウェイの機械がありますよね。


あの機械、コロナ禍になるまでは見たことはなかった。「消毒と検温が同時にできたら便利じゃない?」と、誰かが発想して、商品化したものでしょうけれども、まさに「機を見るに敏」な人(会社?)ってすごいなあと尊敬してしまいます。


まあ、それはさておき。


今日は「平熱をやや高めに保つこと」のほかに、もうひとつ大切なことがあるというのを知ったので、さっそくみなさんと共有していきたいと思っています。


それは「平熱リズムがある」ことについて。


以前NHKの「ためしてガッテン!」でやっていましたね。ご覧になった方も多いと思います。


自分や家族の平熱を、だいたい何度何分か、把握している人は多いと思いますが、このコロナ禍で、体温を一日に何度か測っていると、「あれ? 少し前に測った体温とちょっと違うなあ」と気づくことがありませんか?


測るたびに体温の数値が違う。しかもまあまあ違う。なぜでしょう。


機械の性能にもよるのかな、とか、急いで歩いてきたすぐ後だったからかな、とか、手首とおでこでも温度は多少違うだろうしね……とか、なんとなくスルーしてきた体温の違い。


とくに疑問も抱きませんでしたが、「ためしてガッテン!」によると、体温というのは、一日でかなり(1度以上も)変動するのがふつうなのだそうです。


それが「平熱のリズム」。1日に4回、体温を測って数値をみると、体温は段階的に変動していて、その変動の仕方では「朝起きてから日中に向かって体温は上がっていき」、

「1日が終わる夕方から夜にかけて体温は少し下がる」、というグラフを描くことが理想なんだそうです。それは、体温が上がることで活動的になり、活動がゆっくりになるに従い体温が下がる、という流れに沿っているから。


みなさんの体温は、いい感じに上がり下がりしてくれているでしょうか。


日ごろ不調を感じたり、自律神経が乱れたりしていると、体温の上がり下がりが逆転していることも多いというのです。日中、活動的になりたいのに体温が下がっていく(昼間だるくて眠い)、夕方くつろぎ始めたいのに体温が上がって活発になる(夜中まで起きている)、


あるいは、測る日ごとにグラフの上がり下がりがバラバラ、そういう人も少なくないのだとか。


まずは自分の状態を知ることから始めてみましょう。起きた直後、昼食前、夕方、就寝前の4回、体温を測ってみて、グラフ化してみる。


自分や家族の平熱のリズムはどんな感じなのか、気になります。測るにあたっては、コツがあります。食事、運動、入浴の直後は計測しない。(数値が上がりやすいため)一日だけでなく数日続けてみること。(4日続けてグラフにするとリズムがわかる)


そうすることで平熱のリズムが分かります。


あなたの平熱は、活動にともない上がり、リラックスにともない下がってくれているでしょうか。



閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前回、唾液はもともと血液で、 身体にとって非常に大切な働きをしてくれている、 というお話をしました。 今日はその唾液を、より分泌させるにはどうしたらいいか。 唾液の働きをおさらいしておきましょう。 「食べ物を飲み込みやすくする」 噛んで唾液と混ざった食べ物は、飲み込み、いわゆる「嚥下(えんげ)」がスムーズになります。 「味を感じやすくする」 舌にある粒々「味蕾(みらい)」。乾いた食べ物は 舌にさわ

今回のテーマは「唾液はもともと血液⁉」。 秋から冬へ、季節の変わり目、 これからもっと乾燥する季節に突入します。 マスクを着用するのが習慣になって、 気がつくとマスクの下で口呼吸になってしまっていませんか? 口呼吸になると、おのずと口の中が乾き気味になり、 唾液の量が減少します。 実は唾液には、想像を超えた働きが驚くほどあり、 口の中をうるおしながらいろんな活躍をしてくれています。 今日はそんなお

前回は「新型栄養失調」について、 とくに高齢者がおちいりやすい傾向について見ていきました。 かんたんに言うと、「新型栄養失調」とは、 摂取カロリーは足りているのに 特定の栄養が足りていない状態、のこと。 一見やせていても太っていても、ちょうどいい感じの人でも、 誰にでも起こり得るのが特徴です。 年齢や、食の好み、生活習慣などによって食生活というのはほんとうにさまざま。 新型栄養失調におちいりやすい

bottom of page