• 温活大好き

待望の妊娠が 30代女性

私の卵子の活動が弱まっていることに加えて、主人の精子にも乏精子症が判明。

主治医の薦めで人工授精にチャレンジしました。

人工授精に望みをかけて、2回目、3回目と回を重ねてチャレンジするもあえなく失敗。

正直に言ってお互いあきらめかけていました。

同じマンションのエレベーターで、赤ちゃん連れのご夫婦を見かけるとやっぱりあきらめられませんでした。

今後、人工授精に望みをかけるのか、それとも体外受精など別の方法を考えるのか、しっかり二人で話し合うことにしました。


そんな時に、主人が陶板浴のこと聞いてきました。

かなりの時間をかけ、陶板浴を体験しました。

スタッフに色々質問したら、子供が出来なかった方が出来たケースがあるとのことです。

毎日に陶板浴をやってみたら、どうですか

私たちは、陶板浴は直観でいいと感じました。

しかし、この陶板浴までは遠過ぎることが難点でした。

ネットでアップワンを知り購入しました。

毎日使用して4か月で待望の第一子を妊娠しました。

誕生が待ち遠しいです。



閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は、そのマインドフルネスとやらを得るためには具体的にどんなことをするとよいか、のお話。とくにこのブログを読んでくださっている方は陶板浴ファンでいてくださる方も多いので、陶板浴でマインドフルネス!というのが本日のテーマ。 もちろん陶板浴をお持ちでなくてもできますので、やっていきましょう。 マインドフルネスを得るためには3つ、ポイントがあります。 一つめは、「呼吸」。 ストレスが、脳に与えてしまう