• 温活大好き

抗がん剤の副作用がでず、白血球増えました 40代女性

乳がんが見つかり、天地がひっくり返るくらい、どうしたいいかわかりませんでした。

抗がん剤治療をした後、手術をしたをしました。

そしてまた、抗がん剤治療です。

ここ数か月は転移におびえながら暮らしていました。

義母が千葉県で陶板浴を経験していまして勧められたのが陶板浴との出会いのきっかけです。

陶板浴の説明も良くわかりました。

そこから電車で1時間30分かけて陶板浴に通いました。

抗がん剤はそのまま継続したままでした。

陶板浴には週1回しかいけませんでいた。

アップワンのハーフアンドハーフを購入して毎日、使っています。

陶板浴を使うと抗がん剤の副作用が出ないのは驚いています。

そして、血液検査で免疫の白血球が増えたので嬉しいです。

希望の光が差し込みました。

やはり、ハーフアンドハーフの効果と思っています

毎日2回から3回自宅で出来るのは大きいです。


閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は、そのマインドフルネスとやらを得るためには具体的にどんなことをするとよいか、のお話。とくにこのブログを読んでくださっている方は陶板浴ファンでいてくださる方も多いので、陶板浴でマインドフルネス!というのが本日のテーマ。 もちろん陶板浴をお持ちでなくてもできますので、やっていきましょう。 マインドフルネスを得るためには3つ、ポイントがあります。 一つめは、「呼吸」。 ストレスが、脳に与えてしまう

ミトコンドリアは人間の37兆個ある細胞の1個1個の中に数百〜数千個あり、それがATP(=アデノシン三リン酸)というエネルギーを日々刻々生産してくれています。 人間の体内で作り出されるATPの、90%以上をミトコンドリアが作っているというのですから、ミトコンドリアがどれだけ大切かがわかります。 ではどうすればミトコンドリアは体内で増えてくれるのでしょうか。 今回は、ミトコンドリアを効果的に増やす栄養

ナノ医療イノベーションセンター、 略してiCONM(Innovation Center of NanoMedhicine) 皆さん聞いたことありますか? 大手製薬会社やベンチャー企業多終結した組織。片岡一則センター長を筆頭に、多様な技術と人材が交流する場として研究が進められています。 iCONMの掲げる医療技術はというと、「体内医院」。 体内の、医院です。体内にある病院って、どういうことでしょう…