• 温活大好き

早くも効果が。喘息の発作 40代女性

前々から導入したかったのですが、悩みすでに3年近くが過ぎていました。

やっと決意が固まり、乗っただけ・・・・。


ですが、もう1日目から違いました。

持病である喘息の発作が毎日明け方に成るとあったのですが、使用した日に寝た朝から一切発作が起きなくなってしまったのです。

咳き込んでいることも多かったのですが、それが減ったのは家族に言われて気付きました。

他にも内臓が炎症を起こし、脇腹が痛かったのですが、こちらは、毎日少しづつ良くなっていきました。


あまり調子に乗って、使用しすぎますと、疲れがきてしまいますので、私には20分程度が良いと感じています。

友人にも使用させてみたところ、「よく眠れる体質だと思っていたけれど、もっと深く眠れた」と言っていました。


閲覧数:493回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は、そのマインドフルネスとやらを得るためには具体的にどんなことをするとよいか、のお話。とくにこのブログを読んでくださっている方は陶板浴ファンでいてくださる方も多いので、陶板浴でマインドフルネス!というのが本日のテーマ。 もちろん陶板浴をお持ちでなくてもできますので、やっていきましょう。 マインドフルネスを得るためには3つ、ポイントがあります。 一つめは、「呼吸」。 ストレスが、脳に与えてしまう

細胞の中に平均数百個あるミトコンドリアがATP(=アデノシン三リン酸)というエネルギーを生産してくれています。 ミトコンドリアは体を動かすエネルギーのもととなり、手足や体の各部を動かすのはもちろん、臓器の活動も担っている、非常に大切なもの。 いかに効果的に増やすかがカギとなります。 今日は、ミトコンドリアと「運動」との関係を調べていきますね。 細胞内のミトコンドリアは、30歳くらいを境に徐々に減っ