• 温活大好き

末期がんから希望が 60代男性

大腸がんで末期を宣告され、余命1年といわれました。

抗がん剤治療しかないと思っていましたが、抗がん剤はやりたくないと思っていました。

が、幸い肝臓が悪く抗がん剤が出来ずにいました。

体は痛くつらい状態です。

がんに関していろいろなことを調べました。

陶板浴を知りました。

早速、陶板浴で石井さんの講演を聞きまし。

話は、信用をしていませんでした。

しかし、陶板浴は文句なしに気持ちがいいです。

これならやってみようという気になり、数日おきに陶板浴に通ってみました。

まず、血圧が下がりました。

そして、2ヵ月くらいで食欲が出てきました。

石井さんの生活改善と同じように取り入れています。

少しずつですが元気になった気がします。

体温は週1回測っています。

毎日陶板浴と思い、アップワンを購入しました。

毎日2回は最低使っています。

アップワンを使うと体温が上がるのを実感できます。

それと痛みが感じなくなりました。

そして先日の検査の結果、がんが小さくなったきました。

先生も驚いて、何をしていたかを聞いてきました。

アップワンのことを話しました。

体を温めるのは良いことだが、がんが小さくなることは、ありえないと。

末期からは脱出です。

がんが、なくなるようにアップワンを使っていきたいと思っています。



閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは。アップワン陶板浴(とうばんよく)の石井です。 家族が〈がん〉になったとき、がん患者本人のために、 「何か自分にできることはないだろうか」 と思う方も少なくないでしょう。 ---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■--- * 今週のコンテンツ * ☆「血液検査結果を読みとれるようになる」