• 温活大好き

末期がんから希望が 60代男性

大腸がんで末期を宣告され、余命1年といわれました。

抗がん剤治療しかないと思っていましたが、抗がん剤はやりたくないと思っていました。

が、幸い肝臓が悪く抗がん剤が出来ずにいました。

体は痛くつらい状態です。

がんに関していろいろなことを調べました。

陶板浴を知りました。


早速、陶板浴の講演を聞きましたが、話は信用をしていませんでした。

しかし、陶板浴は文句なしに気持ちがいいです。

これならやってみようという気になり、数日おきに陶板浴に通ってみました。

まず、血圧が下がりました。

そして、2ヵ月くらいで食欲が出てきました。

少しずつですが元気になった気がします。

体温は週1回測っています。

毎日陶板浴と思い、家でできる陶板浴を購入しました。

毎日2回は最低使っています。

陶板浴を使うと体温が上がるのを実感できます。

それと痛みが感じなくなりました。

そして先日の検査の結果、がんが小さくなったきました。

先生も驚いて、何をしていたかを聞いてきました。

陶板浴のことを話しました。

体を温めるのは良いことだが、がんが小さくなることは、ありえないと。

末期からは脱出です。

これからも続けていきます。



閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は、そのマインドフルネスとやらを得るためには具体的にどんなことをするとよいか、のお話。とくにこのブログを読んでくださっている方は陶板浴ファンでいてくださる方も多いので、陶板浴でマインドフルネス!というのが本日のテーマ。 もちろん陶板浴をお持ちでなくてもできますので、やっていきましょう。 マインドフルネスを得るためには3つ、ポイントがあります。 一つめは、「呼吸」。 ストレスが、脳に与えてしまう

ミトコンドリアは人間の37兆個ある細胞の1個1個の中に数百〜数千個あり、それがATP(=アデノシン三リン酸)というエネルギーを日々刻々生産してくれています。 人間の体内で作り出されるATPの、90%以上をミトコンドリアが作っているというのですから、ミトコンドリアがどれだけ大切かがわかります。 ではどうすればミトコンドリアは体内で増えてくれるのでしょうか。 今回は、ミトコンドリアを効果的に増やす栄養

ナノ医療イノベーションセンター、 略してiCONM(Innovation Center of NanoMedhicine) 皆さん聞いたことありますか? 大手製薬会社やベンチャー企業多終結した組織。片岡一則センター長を筆頭に、多様な技術と人材が交流する場として研究が進められています。 iCONMの掲げる医療技術はというと、「体内医院」。 体内の、医院です。体内にある病院って、どういうことでしょう…