• 温活大好き

看護師ですが、感謝です 40代女性

看護師をしています。

親しい方が、陶板浴を利用しております。

その方から、家庭用陶板浴アップワンの購入を相談されました。


実は、看護師は夜勤勤務など、とても不規則な生活をしています。

低体温・低血圧での症状と肩こり、腰痛が特にひどいです。

それにプラスして花粉症なのです。


先生も近くにおりますし、薬も処方されます。

しかし、改善の兆しはありませんでした。

そんな悩みを抱えている時の友人の相談でした。


早速、陶板浴に2人で体験に行きました。

アップワンも体験スポットで体験しました。

友人と、折半でハーフアンドハーフを購入しました。

使いだして9か月が経過したので感想を投稿します。


毎年1月から4月いっぱいまで、飲み続けている花粉症の薬を、今年は止めて様子をみました。

花粉症がほとんど無くなったといっても良いくらい軽くなりました。

以前からの冷えと低血圧もすっかり良くなりました。

腰痛と肩こりも改善されました。

眠れなかったことが多かったのですが、良く眠れるようになりました。

職場の病院で話すと、「意外とそれっていいかもね」との反応です。

私はアップワンに感謝しています。



閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は、そのマインドフルネスとやらを得るためには具体的にどんなことをするとよいか、のお話。とくにこのブログを読んでくださっている方は陶板浴ファンでいてくださる方も多いので、陶板浴でマインドフルネス!というのが本日のテーマ。 もちろん陶板浴をお持ちでなくてもできますので、やっていきましょう。 マインドフルネスを得るためには3つ、ポイントがあります。 一つめは、「呼吸」。 ストレスが、脳に与えてしまう

細胞の中に平均数百個あるミトコンドリアがATP(=アデノシン三リン酸)というエネルギーを生産してくれています。 ミトコンドリアは体を動かすエネルギーのもととなり、手足や体の各部を動かすのはもちろん、臓器の活動も担っている、非常に大切なもの。 いかに効果的に増やすかがカギとなります。 今日は、ミトコンドリアと「運動」との関係を調べていきますね。 細胞内のミトコンドリアは、30歳くらいを境に徐々に減っ