• 子育て真っ只中 2児のママ

笑う門には福来る

「笑う門には福来る」ということわざがあります。


私も、このことわざは大好きで、座右の銘といってもいいくらい。家族や、大切な人には、

できれば笑っていてもらいたいものですよね。家族が笑っているのを見ると、とてもうれしいし、自分が家族の誰かを笑わせることができたら、鼻高々、気分も晴れやかになります。


笑うことも、人を笑わせることも、脳がリラックスしていい気分になる。そのとき、体内でNK細胞ががぜん、増殖しています。人間が笑うと、免疫の機能を司る間脳に「おもしろいよ、笑ってるよ」と興奮が伝わります。すると、情報を伝達する物質=善玉の神経ペプチドが活発につくられます。笑いがもととなってつくられた善玉の神経ペプチド。


これがNK細胞にくっついて活性化し、体内に入ってきたウイルスや、がん細胞をやっつけようと活躍してくれるという仕組みです。反対に、ストレスにさらされているときや、苦しみや悲しみにさいなまれているとき、NK細胞も元気がなく、体内に入ってきた外敵をやっつけるパワーもなかなか出ません。ネガティブなことで体中がいっぱいになってしまって、

どうしようもないときは、体内にいる外敵に対してとても無防備な状態です。イコール、免疫力が低くなっている状態です。そんな状態をできるだけ長く続けないように、手っとり早く援護隊を送るのなら「笑うこと」。テレビのバラエティ番組でも、落語や漫才でもなんでもいいのです。


なんなら両方の口角をキュッと上げて笑顔をつくってみる、それだけでも脳が「笑ってるな。楽しいんだな」と勘違いして、NK細胞を増やしてくれることが証明されています。

しかも、笑いには、NK細胞を増やす効果だけでなく、免疫システム全体のバランスを整える効果まであるのだそうです。


笑うことは、免疫力をアップさせるだけでなく、すばらしい体への効果がたくさんあります。大脳新皮質に流れる血流が増加して脳の活発化、呼吸が活発になって酸素の消費も増え、血行も促進、脳内ホルモンのエンドルフィンの分泌、そして自律神経を整えます。


私はよく副交感神経優位がとても大切、ということをお話ししますが、ゲラゲラ笑うと呼吸も早まり、心拍も早くなり、交感神経が促進されますが、その後の効果として「ああ面白かった」、というような深い「リラックス」がおとずれ、体のスイッチが副交感神経優位になり、自律神経のバランスがとれるのです。ああ笑った、ああ面白かった、というそのあとの深いリラックス。


それを得るためにどんなことができるか、考えてみてはいかがでしょうか。


---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■--- * 編集後記  *


笑うためのコンテンツというのは、たくさんありますよね。昔から洋の東西を問わず、人は「笑い」を求めてきたし、作り手は人を笑わせることを探求してきたのでしょう。


白黒映画のコメディではチャップリンが有名ですが、バスター・キートンの映画は、脳のどこか不思議な部分をくすぐられるような面白さがあります。


ストレスフルな毎日です。ストレスは、あまりそればかりを見つめず、目をなにか別の、自分を笑わせてくれるものに逸らすことも有効。「これを見れば私はつい笑ってしまう」、といういわゆるテッパンのコントやモノマネなんかを、Youtubeなどで見つけておくのもいいかもしれません。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前回、唾液はもともと血液で、 身体にとって非常に大切な働きをしてくれている、 というお話をしました。 今日はその唾液を、より分泌させるにはどうしたらいいか。 唾液の働きをおさらいしておきましょう。 「食べ物を飲み込みやすくする」 噛んで唾液と混ざった食べ物は、飲み込み、いわゆる「嚥下(えんげ)」がスムーズになります。 「味を感じやすくする」 舌にある粒々「味蕾(みらい)」。乾いた食べ物は 舌にさわ

今回のテーマは「唾液はもともと血液⁉」。 秋から冬へ、季節の変わり目、 これからもっと乾燥する季節に突入します。 マスクを着用するのが習慣になって、 気がつくとマスクの下で口呼吸になってしまっていませんか? 口呼吸になると、おのずと口の中が乾き気味になり、 唾液の量が減少します。 実は唾液には、想像を超えた働きが驚くほどあり、 口の中をうるおしながらいろんな活躍をしてくれています。 今日はそんなお

前回は「新型栄養失調」について、 とくに高齢者がおちいりやすい傾向について見ていきました。 かんたんに言うと、「新型栄養失調」とは、 摂取カロリーは足りているのに 特定の栄養が足りていない状態、のこと。 一見やせていても太っていても、ちょうどいい感じの人でも、 誰にでも起こり得るのが特徴です。 年齢や、食の好み、生活習慣などによって食生活というのはほんとうにさまざま。 新型栄養失調におちいりやすい