top of page
  • 執筆者の写真子育て真っ只中 2児のママ

自分を責めない

こんにちは。


今回のお話は「自分を責めない」。


これは、がん患者ご自身はもちろん、

ご家族にも言えることだと思います。



なぜ自分ががんになってしまったのか。

なぜ夫が、妻が、家族ががんになってしまったのか。

それは自分のせいなのではないだろうか。


そんな風に思い込み、苦しい感情にさいなまれてしまうことはありませんか。


自分が、家族が、がんになったのは、

本人のせいでも、家族のせいでもありません。


「なぜがんになったのか」、という問いかけ、

「それは自分の何かが悪かったから」というような、

ひどく自分を、あるいは何かを責める気持ちが

頭の中から離れないのも無理のないことだと思います。



私も、胃がんステージ4を宣告されたとき、

どうしてがんになってしまったのだろう、

なぜ、なぜ……と考え込みました。


ご家族にがん患者がいる方も、またもちろん本人も、

ストレスに弱い自分だからなったのだろうか、

がんになりやすい性格というのはあるのだろうか、

自分のなにがいけなかったのだろうかと

堂々巡りのように思い悩んでしまう場合も少なくないかもしれません。


しかし、「なぜ」がんになったのか、

「その原因を突き止めることは現代の科学では困難」、

また、「がんになりやすい性格、

がんを進行させてしまう性格は証明されていない」、

そう国立胃がんセンターのサイトにさえはっきり明記してあります。


誰のせいでもないし、自分のせいでもない。

なぜがんになったのか、という問いや自分や何かを責める気持ちは、

頭の隅に、ちょっと追いやっておきましょう。


ドイツの哲学者、ニーチェのアフォリズムのなかに、

こんな考え方があるそうです。


自分という庭があって、そこには、湧いてくる感情や、抱いた疑問、怒りや喜びといった気持ち、衝動的な思いなどが植物になって生えている。急に生える草もあり、咲く花もあり、長年生えている樹木もある庭です。


自分を責めるような気持ちになったり、何かに対して、怒りの気持ちがふくらんだりしたら、それは今、庭に生えてきてしまった、望ましくない雑草のようなもの。

そんなのが生えてきたら、スポンと抜いてしまいましょう。

抜けないほどしぶとい根の雑草ならば、根のところで切っておく。

もしまたしつこく伸びてきたら、また切ればいいんです。


感謝の花や、うれしい草は、笑顔で眺めて観察し、水やりをして、育てていく。

そうすると気持ちのいい庭にどんどんなっていきます。

美しい花が咲いている庭もいいけれど、草が庭じゅう生い茂っている庭だっていい。

好きな花が咲いたら、また咲くように手入れすればいい。

自分の庭だから、自分の好きなようにしていいし、できる。


私もよく、「これは不要だな」と思う負の感情が庭に生えてきたと思ったら、「なぜ生えてきたんだろうか」なんてグルグル思い悩まず、スポンと抜いてしまうことにしています。


みなさんも、自分の庭に生えている、抜いてしまいたい雑草ありますか。

また咲いてほしい花に、水やり、していますか。



---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■--- * 編集後記  *


自分の感情や性格を「自分の庭」と見立てたニーチェ。


『あらすじとイラストでわかるニーチェ』(イースト・プレス刊)には、


「自分の感情や性格は、自分の庭のように、


自由に扱うことができる」、とも書いてあります。


日々の生活の中で、インターネットやテレビなどの情報にさらされていると、


自分の庭の扱い方もパターン化しているような気がします。


自分らしい、庭の扱い方をして生きていきたいなあ……。


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

気持ちと体、両面からの疲れには

副腎疲労にならないための第一歩として 「カフェインの摂りすぎに注意」というお話をしました。 コーヒーやお茶など、カフェインの多く含まれる飲み物は 1日に3~4杯以下が目安。 さらに付け加えると、夕方5時以降はカフェインを摂らないのが理想。 「玉露を飲んでもよく眠れるから私は大丈夫!」 (※ちなみに高級緑茶の代名詞、玉露はふつうのせん茶の7~8倍ものカフェインが含まれています) という人もいるかもし

唾液を分泌させるには?

前回、唾液はもともと血液で、 身体にとって非常に大切な働きをしてくれている、 というお話をしました。 今日はその唾液を、より分泌させるにはどうしたらいいか。 唾液の働きをおさらいしておきましょう。 「食べ物を飲み込みやすくする」 噛んで唾液と混ざった食べ物は、飲み込み、いわゆる「嚥下(えんげ)」がスムーズになります。 「味を感じやすくする」 舌にある粒々「味蕾(みらい)」。乾いた食べ物は 舌にさわ

唾液はもともと血液⁉

今回のテーマは「唾液はもともと血液⁉」。 秋から冬へ、季節の変わり目、 これからもっと乾燥する季節に突入します。 マスクを着用するのが習慣になって、 気がつくとマスクの下で口呼吸になってしまっていませんか? 口呼吸になると、おのずと口の中が乾き気味になり、 唾液の量が減少します。 実は唾液には、想像を超えた働きが驚くほどあり、 口の中をうるおしながらいろんな活躍をしてくれています。 今日はそんなお

bottom of page