top of page
  • 執筆者の写真温活大好き

閉経のメリット!?

今回は「閉経のメリット」です。


女性の閉経と聞くと、


更年期、老化、女性としての終わり…など、


デメリットのかたまり! みたいなとらえ方をされがち。


それがどうやら、あながち悪いことばかりでもないらしい、


それどころかメリットも多いってご存知でしたでしょうか。



実は、閉経後の女性たちの実感、本音としても、


そして実際のデータとしても、


閉経のメリットというのは1つや2つじゃないんです。


閉経のメリット、


まずは「PMSから解放される」。


PMSとは、Premenstrual syndromeの略。


月経前症候群のことです。


月経前に1週間前後続く身体的精神的トラブル。


それに悩まされることがなくなります。


過食に走ったり、足がへんにむくんだりということもなくなったという方もいます。



つぎに「生理痛から解放される」。


生理痛にもPMSにも個人差はありますが、


閉経すると、下腹や腰の重苦しいつらい痛みに毎月悩まされることもなくなります。



そして「子宮筋腫が縮小する」。


子宮筋腫を複数個もっている女性は少なくないですが、


子宮筋腫は女性ホルモンによって大きくなったり、


よくないものに変性したりします。


妊娠の時期に子宮筋腫があるとよくないといわれるのは、


妊娠により女性ホルモンが筋腫を大きくさせ変性させてしまうことがあるから。



閉経によって女性ホルモンが子宮筋腫にいかなくなると、


筋腫は小さく縮小していき、心配なくなることが多いのです。



4つめに「ホルモンの変動が少なくなる」。


ホルモンの変動による片頭痛に悩まされたり、


ホルモンがメンタルに作用して不安にさいなまれることが激減。



不眠症が治ったという方も多いし、


なんでもかんでも片っ端から悩んでいただけみたい、


と自己分析する方もいます。



女性としての終わりというイメージを持たれる方もいるかも知れませんが、


むしろ妊娠リスクがなくなるため、


パートナーとの性生活がリラックスして楽しめるようになった、


という本音も。



ほかのメリットとしては、


生理用品を買う必要がなくなる、そのストック分のスペースが片づく。


男性ホルモンが少々優位になるので、性格が前向きになり、


行動が活発になるといった方もいます。



生理周期の心配がないので、温泉旅行の計画を立てやすくなり、


出かけることががぜん楽しくなったという方も多くいます。



いかがでしょうか。


もちろん、女性の老化の一側面ではある閉経ですが、


更年期のつらい症状から頭ひとつ抜けた証です。


人生、なにかといろいろありますが、


次のステージを、おおいに楽しんでいきましょう!

閲覧数:110回0件のコメント

Comments


bottom of page