• 子育て真っ只中 2児のママ

陰陽のバランスで免疫力アップ!

こんにちは。


今日は、東洋医学における食の話。


東洋医学には、免疫力をアップさせる知恵がつまっています。医食同源とする東洋医学では、すべての食材を「陰」と「陽」にわけて考えます。まあ、そもそも陰陽の考え方じたいが、「宇宙の万物はすべて陰と陽の二つのエネルギーで構成されている」という考え方なので、どんな食材も、陰~中庸~陽のどこかに位置します。 食材を、大きく分けると、


夏が旬の食材は、「陰」。陰の食材は体を冷やす。

冬が旬の食材は、「陽」。陽の食材は体をあたためる。


そう覚えてください。また、もう一つ目安があります。


温かい地域でとれる食材は「陰」。


寒い地域でとれる食材は「陽」。


陰の食材は例をあげますと、くだもの、ナッツ類、じゃがいも、海苔、油、豆腐など。


陽の食材は例えば、魚介類、塩、しょうゆ、みそ、カボチャ、マグロ、エビなど。


きっぱり陰陽のどちらかに分かれるというよりも、陰~中庸~陽に分布するイメージです。


免疫力を今より少しでもアップさせていきたいとき、体をあたためることが非常に有効だということは、みなさんもうご存知かと思います。


では、免疫力アップには、陰の食材を避け、陽の食材だけを食べていればよい、ということなのでしょうか。



答えはNOです。


陽の食材ばかりを食べるのでは、そもそも栄養がかたよってしまいます。陰陽説的に言っても、陰陽は相反しながらも両方ないと成り立たず、おたがいに補いあうエネルギーなので、陰陽の両方をとるのが理想。


では陰の食材をとるときどうすればいいかというと煮る、ゆでる、蒸すなどして温かいうちに食べる。あるいは、お酢やこしょう、しょうが、にんにくなどと一緒に調理する。


そういった方法があります。


トマトや茄子、ピーマンにきゅうり、かぼちゃやオクラ、ゴーヤなど、夏野菜のおいしい季節です。年中並んでいる野菜でも、旬の時期はおいしさが全然違います。冷たい生野菜のサラダはおいしいのですが、内臓にも負担をかけがち。


夏野菜は体を冷やす陰の食材であることが多いので、レンジでチンして温野菜に。


ハーブとお酢でマリネ、あるいは魚焼きグリルでじっくりグリルするのもよい方法です。


塩分ごくひかえめにつくる夏野菜スープも、滋味のある冬の根菜スープとひと味違う、さっぱりとした味わいでおすすめです。陰陽の食材をバランスよく摂って、免疫力アップに直結させましょう。

 

* 編集後記  *

がん患者の場合、自分が水分不足であることに気づきづらい、

というデータがあると聞きました。


のどが渇いた、と認識してから何かを飲むのではなく、

運びやすいポットや水筒を身近において、

ちょこちょこと水分補給するようにしたらよいと思います。


私自身はカテキンの多い緑茶(深蒸し茶)なんかをよく飲みます。


睡眠をさまたげないように、5時以降くらいからは

カフェインの入っていないお茶を飲むようにしています。


良いとされているお茶の類はたくさんありますが、

みなさんのお気に入りは何茶か、ぜひ聞かせてください。





閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前回、唾液はもともと血液で、 身体にとって非常に大切な働きをしてくれている、 というお話をしました。 今日はその唾液を、より分泌させるにはどうしたらいいか。 唾液の働きをおさらいしておきましょう。 「食べ物を飲み込みやすくする」 噛んで唾液と混ざった食べ物は、飲み込み、いわゆる「嚥下(えんげ)」がスムーズになります。 「味を感じやすくする」 舌にある粒々「味蕾(みらい)」。乾いた食べ物は 舌にさわ

今回のテーマは「唾液はもともと血液⁉」。 秋から冬へ、季節の変わり目、 これからもっと乾燥する季節に突入します。 マスクを着用するのが習慣になって、 気がつくとマスクの下で口呼吸になってしまっていませんか? 口呼吸になると、おのずと口の中が乾き気味になり、 唾液の量が減少します。 実は唾液には、想像を超えた働きが驚くほどあり、 口の中をうるおしながらいろんな活躍をしてくれています。 今日はそんなお

前回は「新型栄養失調」について、 とくに高齢者がおちいりやすい傾向について見ていきました。 かんたんに言うと、「新型栄養失調」とは、 摂取カロリーは足りているのに 特定の栄養が足りていない状態、のこと。 一見やせていても太っていても、ちょうどいい感じの人でも、 誰にでも起こり得るのが特徴です。 年齢や、食の好み、生活習慣などによって食生活というのはほんとうにさまざま。 新型栄養失調におちいりやすい