• 温活大好き

雨の日等、天気が悪いと主に股関節が痛むのが激しい

以前から腰痛がありました。

原因は、ギックリ腰を20才代から度々くり返し、 その度に苦痛に耐えて、普通の状態に戻れば、

腰を労わりながら80才過ぎ迄過ごして参りました。

昨年より急に足に激痛がきて、歩くことも出来なくなりました。 整形外科でレントゲンをとり、検査の結果、脊椎狭窄でした。 足の神経が、股関節から太モモの裏側、ヒザ下と、方々が痛く、 雨の日等、天気が悪いと主に股関節が痛むのが激しいのです。 歩行困難な状態を見て、孫がこれを使ってみたら良いかも知れないと、

陶板浴を教えてくれました。 早速にワラをも掴む思いで、痛む場所に当てるようにしてみました。 30分~1時間使った後が、すごく気分が良くて何時の間にか痛みを忘れていました。 これは私の場合神経痛だから温めたのが良いのかと痛感し嬉しい限りでした。 痛みがひどい時に使っていますがとても快適です。 又、わたしは寝付きが悪いので、寝る前に30分余使って休むとよく眠れます。


閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は、そのマインドフルネスとやらを得るためには具体的にどんなことをするとよいか、のお話。とくにこのブログを読んでくださっている方は陶板浴ファンでいてくださる方も多いので、陶板浴でマインドフルネス!というのが本日のテーマ。 もちろん陶板浴をお持ちでなくてもできますので、やっていきましょう。 マインドフルネスを得るためには3つ、ポイントがあります。 一つめは、「呼吸」。 ストレスが、脳に与えてしまう

ウィズコロナもしかり、ウィズ老化もしかり、ウィズ持病もしかり。 ウイルスゼロも、 完璧な健康体も、 不老不死もありえない。 つねに老化への過程、 つねに多かれ少なかれ何らかの持病の中でのゆらぎ、 つねにあらゆるウイルスにはさらされているとみて、 自分や家族の心身を、 なるべくよい状態に保ち、 できることなら少しでも向上させる方向へシフトしたいものです。 そのために何ができるのか。 ウィズコロナ、ウ