• 温活大好き

食べ物がおいしく 30代女性

体が冷たかったのです。

見るからに、青白く、すぐ疲れるし、何をするのもめんどくさかったです。

知人が、無理やり陶板浴につれてきてくれました。

その夜は、グッスリ眠れました。 次の日も、陶板浴に行きました。

次の日も、次の日も。

1か月くらいすると、体が温かく感じ、何よりうれしかったのは、顔に血の気がさしたことです。

自分でも驚いているのは、食欲がでて、今ではスポーツジムにいけることでした。

以前では考えられません。

陶板浴のおかげです。ありがとうございます。




閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は、そのマインドフルネスとやらを得るためには具体的にどんなことをするとよいか、のお話。とくにこのブログを読んでくださっている方は陶板浴ファンでいてくださる方も多いので、陶板浴でマインドフルネス!というのが本日のテーマ。 もちろん陶板浴をお持ちでなくてもできますので、やっていきましょう。 マインドフルネスを得るためには3つ、ポイントがあります。 一つめは、「呼吸」。 ストレスが、脳に与えてしまう

細胞の中に平均数百個あるミトコンドリアがATP(=アデノシン三リン酸)というエネルギーを生産してくれています。 ミトコンドリアは体を動かすエネルギーのもととなり、手足や体の各部を動かすのはもちろん、臓器の活動も担っている、非常に大切なもの。 いかに効果的に増やすかがカギとなります。 今日は、ミトコンドリアと「運動」との関係を調べていきますね。 細胞内のミトコンドリアは、30歳くらいを境に徐々に減っ