• 温活大好き

高血圧からくる不眠症に効果あり 60代男性

夫婦にて陶板浴体験ルームに伺いました。

以来、試用期間も含めて今日で12日目になりました。

医師から高血圧症・慢性気管支炎との診断を受けていて、咳が季節の変わり目には必ず発症しておりました。年齢から来るものなのか、夜は熟睡できず何度もトイレに行きボーっと日中を過ごすことがしばしばでした。


陶板浴を1日2回30分使用するようになってからでしょうか?

睡眠剤を飲むのも忘れて朝まで熟睡しておりました。1日が充実しており、熟睡することがいかに大切かを思い知らされました。

これからも長く陶板浴を使わせていただくことで、免疫力の改善と基礎体温を上げることでの体質改善への努力を続けたいと思っております。


陶板浴との出会いに感謝です。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は、そのマインドフルネスとやらを得るためには具体的にどんなことをするとよいか、のお話。とくにこのブログを読んでくださっている方は陶板浴ファンでいてくださる方も多いので、陶板浴でマインドフルネス!というのが本日のテーマ。 もちろん陶板浴をお持ちでなくてもできますので、やっていきましょう。 マインドフルネスを得るためには3つ、ポイントがあります。 一つめは、「呼吸」。 ストレスが、脳に与えてしまう

細胞の中に平均数百個あるミトコンドリアがATP(=アデノシン三リン酸)というエネルギーを生産してくれています。 ミトコンドリアは体を動かすエネルギーのもととなり、手足や体の各部を動かすのはもちろん、臓器の活動も担っている、非常に大切なもの。 いかに効果的に増やすかがカギとなります。 今日は、ミトコンドリアと「運動」との関係を調べていきますね。 細胞内のミトコンドリアは、30歳くらいを境に徐々に減っ