top of page
  • 子育て真っ只中 2児のママ

鼻呼吸してますか?

こんにちは。


今日のテーマは「鼻呼吸で免疫力アップ!」


よく「免疫力アップにいい食べ物はこれ」とか


「睡眠の質を上げよう」、などと言われますが、


もうひとつ、私たちがふだんさほど意識せず行っている「呼吸」も


免疫力アップのカギを握っているのをご存知でしょうか。



このブログを読んでくださっているいま、


あなたの口は閉じられていますか?それとも半開きでしょうか?


この質問に、ハッと口を閉じられた方もいらっしゃるかもしれませんね。


では、軽く口を閉じ、


ゆっくりと鼻から息を吸ってみてください。


鼻から吸って1,2,3,4とゆっくり4カウント。


次に、1,2,3,4,5,6,7,8と


8カウントで息を吐きます。


6,7,8……のあたりで吐く息が細くなってきますが、


息を止めてしまわずゆったりした気持ちで吐ききります。


そのあとまた4カウントで鼻から吸い、8カウントで吐く。


肩を上下させたり、思い切り行うのではなく、


平常心でゆったりと、お坊さんになったような気持ちで。


これを3回くらい、


一日のうちで、気づいたときに、行ってみてください。


その都度少し、体が温まるのを感じることができるかと思います。


ポイントは、鼻から吸うこと。


吐くときは鼻でも口でもどちらでもOK。


ではなぜ、息を吸うのは口ではなく


「鼻呼吸」がいいとされているのでしょうか。



息を口で吸うと、外の乾燥した空気が口から入ってのどを通り、直接、肺の中へと送り込まれますよね。ふだん自浄作用の役目をしてくれている唾液も、口呼吸が習慣になっていると乾燥しがちになり、口の中の細菌が活発になってしまうことで、歯周病のリスクも増大するんです。つまり、免疫力が下がってしまうといえます。


その点、鼻で息を吸うと、鼻腔は鼻毛や粘液がフィルターの役目を果たしてくれるのです。乾燥した空気に湿度を与え、肺へと送り込んでくれます。口が閉じられているので、唾液の分泌を正常にしてくれます。


文献によると、鼻呼吸と口呼吸の呼気の温度は、喉の奥では3度も違い、腺毛の動き、上皮の乾燥、白血球の動きにさえ影響してくるということなのです。さらには、鼻呼吸は深くゆっくりした呼吸、口呼吸は浅くて速い呼吸であることがわかっています。


深くゆっくりした呼吸は、副交感神経を優位にし、体をリラックスさせます。免疫に直接関係している自律神経は、自分でコントロールできないものですが、唯一、呼吸ならば自分で意識的に行うことができますよね。


気づいたら口で呼吸している、という方はとくに、意識的な鼻呼吸を心がけてみてください。



---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---

* 編集後記  *



今回のテーマでは、大事な役割をしている「鼻毛」。

鼻毛は、肺や気管支に入るウイルスや細菌などの物質の数を、

最初に減らしてくれるフィルターなので、決して「ムダ毛」ではありません。


いわば鼻の中のマスクの役目。

こと鼻毛に関しては、小鼻の中を奥まで脱毛してしまうことのないように、

はみ出ているところ、見えているところだけ、

きれいにカットするに留めたほうがいいようです。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前回、唾液はもともと血液で、 身体にとって非常に大切な働きをしてくれている、 というお話をしました。 今日はその唾液を、より分泌させるにはどうしたらいいか。 唾液の働きをおさらいしておきましょう。 「食べ物を飲み込みやすくする」 噛んで唾液と混ざった食べ物は、飲み込み、いわゆる「嚥下(えんげ)」がスムーズになります。 「味を感じやすくする」 舌にある粒々「味蕾(みらい)」。乾いた食べ物は 舌にさわ

今回のテーマは「唾液はもともと血液⁉」。 秋から冬へ、季節の変わり目、 これからもっと乾燥する季節に突入します。 マスクを着用するのが習慣になって、 気がつくとマスクの下で口呼吸になってしまっていませんか? 口呼吸になると、おのずと口の中が乾き気味になり、 唾液の量が減少します。 実は唾液には、想像を超えた働きが驚くほどあり、 口の中をうるおしながらいろんな活躍をしてくれています。 今日はそんなお

前回は「新型栄養失調」について、 とくに高齢者がおちいりやすい傾向について見ていきました。 かんたんに言うと、「新型栄養失調」とは、 摂取カロリーは足りているのに 特定の栄養が足りていない状態、のこと。 一見やせていても太っていても、ちょうどいい感じの人でも、 誰にでも起こり得るのが特徴です。 年齢や、食の好み、生活習慣などによって食生活というのはほんとうにさまざま。 新型栄養失調におちいりやすい

bottom of page