top of page
  • 温活大好き

4月9日体験談 血圧

極度のストレスを抱えて仕事をしていました。

体が悲鳴を上げているのはわかっていました。

実は夜寝るのも、酒の力を借りている状態でした。


オシッコもオレンジ色で、さすがに変だとは思いました。

そんな時に鼻血が出て、病院の診察を受けました。


原因は疲労により血圧が上昇し、鼻の奥にある弱い血管が破れたらしい。

脳で起これば脳溢血です。

血圧が200mmHgを超えていました。

身長170cm、体重82kgです。


先生に血圧を下げるには、薬を飲むこととダイエット、生活習慣の改善を求められました。


しかし、簡単に今までの生活を変えるのは、難しいのが現状です。


妻と相談したら、近所にある陶板浴がいいらしいとの情報をもらいました。

週3回時間をやりくりして妻と通っています。


陶板浴に行きだしてから酒の力で寝ることはなくなりました。ぐっすりと眠れます。

4か月がたちます。

体重は77kgまで落ちました。

血圧も150㎜Hgまで下がりました。


薬は飲むのをやめました。

陶板浴に行くのが生活習慣となっています。

しかし、毎日行くのは難しく自宅用にアップワン陶板浴を購入して使用しています。

自宅にあると便利です。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前回、唾液はもともと血液で、 身体にとって非常に大切な働きをしてくれている、 というお話をしました。 今日はその唾液を、より分泌させるにはどうしたらいいか。 唾液の働きをおさらいしておきましょう。 「食べ物を飲み込みやすくする」 噛んで唾液と混ざった食べ物は、飲み込み、いわゆる「嚥下(えんげ)」がスムーズになります。 「味を感じやすくする」 舌にある粒々「味蕾(みらい)」。乾いた食べ物は 舌にさわ

今回のテーマは「唾液はもともと血液⁉」。 秋から冬へ、季節の変わり目、 これからもっと乾燥する季節に突入します。 マスクを着用するのが習慣になって、 気がつくとマスクの下で口呼吸になってしまっていませんか? 口呼吸になると、おのずと口の中が乾き気味になり、 唾液の量が減少します。 実は唾液には、想像を超えた働きが驚くほどあり、 口の中をうるおしながらいろんな活躍をしてくれています。 今日はそんなお

前回は「新型栄養失調」について、 とくに高齢者がおちいりやすい傾向について見ていきました。 かんたんに言うと、「新型栄養失調」とは、 摂取カロリーは足りているのに 特定の栄養が足りていない状態、のこと。 一見やせていても太っていても、ちょうどいい感じの人でも、 誰にでも起こり得るのが特徴です。 年齢や、食の好み、生活習慣などによって食生活というのはほんとうにさまざま。 新型栄養失調におちいりやすい

bottom of page