top of page
  • 温活大好き

4月10日 冷え性に希望が

冷え冷え性で長年苦しんでいていました。


特に冷えからくる肩こり、肌荒れ、生理不順、腹痛、体のだるさなどがあり、便秘にも悩みました。

夏でも靴下を2枚重ねて生活をしていました。


ハリ、温灸など冷え性には、いいと思われることをいろいろやりました。

専門家に相談すると

「冷えたもの飲まない」「お風呂で体を温める」「薄着をしない」「運動をする」などです。

以前から同じ冷え性で悩んでいた友人が、最近は顔色が良く、なんとまく颯爽としている感じに接しました。


話を聞いてみると、ここ数か月間、陶板浴に行っていたと。

話が陶板浴の説明を受け、友人が行く日に一緒に案内してもらいました。


陶板浴初体験です。


私は体の温まり方と汗の出方が弱い体質の私には、ピッタリだと感じてました。

その夜は、何年ぶりに靴下を脱いで寝ることが出来ました

次の日も、かなりの時間をかけて陶板浴に行きました

その夜も、いい感じで寝られ、これは本物だと心から納得しました。


しかし、その陶板浴は遠すぎたのです。いろいろ調べてアップワン陶板浴ハーフアンドハーフを入手しました。


アップワンは私にとって宝物です。


アップワンは体のみでなく、心理的にも落ち着いてゆく作用がありました。

温まる事の重要さが日常生活の中にも広がり(頭で分かるのではなく)ました。


アップワンがとても良い時に入手でき感謝しています。


たぶん、これからの極度の冷えに希望が見えたのは大きいと思っております。 楽しみです。


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前回、唾液はもともと血液で、 身体にとって非常に大切な働きをしてくれている、 というお話をしました。 今日はその唾液を、より分泌させるにはどうしたらいいか。 唾液の働きをおさらいしておきましょう。 「食べ物を飲み込みやすくする」 噛んで唾液と混ざった食べ物は、飲み込み、いわゆる「嚥下(えんげ)」がスムーズになります。 「味を感じやすくする」 舌にある粒々「味蕾(みらい)」。乾いた食べ物は 舌にさわ

今回のテーマは「唾液はもともと血液⁉」。 秋から冬へ、季節の変わり目、 これからもっと乾燥する季節に突入します。 マスクを着用するのが習慣になって、 気がつくとマスクの下で口呼吸になってしまっていませんか? 口呼吸になると、おのずと口の中が乾き気味になり、 唾液の量が減少します。 実は唾液には、想像を超えた働きが驚くほどあり、 口の中をうるおしながらいろんな活躍をしてくれています。 今日はそんなお

前回は「新型栄養失調」について、 とくに高齢者がおちいりやすい傾向について見ていきました。 かんたんに言うと、「新型栄養失調」とは、 摂取カロリーは足りているのに 特定の栄養が足りていない状態、のこと。 一見やせていても太っていても、ちょうどいい感じの人でも、 誰にでも起こり得るのが特徴です。 年齢や、食の好み、生活習慣などによって食生活というのはほんとうにさまざま。 新型栄養失調におちいりやすい

bottom of page