top of page
  • 執筆者の写真温活大好き

4月10日 冷え性に希望が

冷え冷え性で長年苦しんでいていました。


特に冷えからくる肩こり、肌荒れ、生理不順、腹痛、体のだるさなどがあり、便秘にも悩みました。

夏でも靴下を2枚重ねて生活をしていました。


ハリ、温灸など冷え性には、いいと思われることをいろいろやりました。

専門家に相談すると

「冷えたもの飲まない」「お風呂で体を温める」「薄着をしない」「運動をする」などです。

以前から同じ冷え性で悩んでいた友人が、最近は顔色が良く、なんとまく颯爽としている感じに接しました。


話を聞いてみると、ここ数か月間、陶板浴に行っていたと。

話が陶板浴の説明を受け、友人が行く日に一緒に案内してもらいました。


陶板浴初体験です。


私は体の温まり方と汗の出方が弱い体質の私には、ピッタリだと感じてました。

その夜は、何年ぶりに靴下を脱いで寝ることが出来ました

次の日も、かなりの時間をかけて陶板浴に行きました

その夜も、いい感じで寝られ、これは本物だと心から納得しました。


しかし、その陶板浴は遠すぎたのです。いろいろ調べてアップワン陶板浴ハーフアンドハーフを入手しました。


アップワンは私にとって宝物です。


アップワンは体のみでなく、心理的にも落ち着いてゆく作用がありました。

温まる事の重要さが日常生活の中にも広がり(頭で分かるのではなく)ました。


アップワンがとても良い時に入手でき感謝しています。


たぶん、これからの極度の冷えに希望が見えたのは大きいと思っております。 楽しみです。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

閉経のメリット!?

今回は「閉経のメリット」です。 女性の閉経と聞くと、 更年期、老化、女性としての終わり…など、 デメリットのかたまり! みたいなとらえ方をされがち。 それがどうやら、あながち悪いことばかりでもないらしい、 それどころかメリットも多いってご存知でしたでしょうか。 実は、閉経後の女性たちの実感、本音としても、 そして実際のデータとしても、 閉経のメリットというのは1つや2つじゃないんです。 閉経のメリ

「先送り」のクセは簡単になおる

今日のテーマは、 「先送り」のクセは簡単になおる。 あれやらなきゃいけないなあ、 ちょっと面倒だな、 なんとなくやらないで過ごしているけれど、 …と思いながらずっともやもやと頭のすみに置いたまま、 先送りにしていること、ありませんか。 今の季節だったら、確定申告の書類をまとめることとか (期限はすぐです)、 押入れの天袋の整理 (たぶん半分以上は不用品)、 たまったパソコンやスマホの迷惑メールの消

【陶板浴ディープインタビュー】朝晩30分ずつの陶板浴で、不眠、腰痛、肩こり、汗、ひどいイライラなど、仕事に行けないほどつらかった更年期の症状が和らいでいます。Nさん(女性・53歳・東京都在住)

更年期の不調がひどくて、眠りが浅く体調も良くない日々が続いていたとき、ご主人には「イライラして別人のよう」と思われてしまっていたというNさん。「陶板浴を朝晩続けるようになって、質の良い睡眠が確実にとれ、変なイライラがほとんどなくなりました。今の体調は高め安定。最近は体を少し鍛えたいと思っています」とにっこり。 インタビュアー:まず、陶板浴に出会うまでの、Nさんの経緯を教えてください。 Nさん:ずっ

Comments


bottom of page