• 温活大好き

4月15日 体を貫通陶板浴エネルギー


宇宙、自然現象、生物はすべて「ゆらぎ」と言う現象が現れます。               

「ゆらぎ」は「波長」「周波数」とも呼ばれています。

テラヘルツ波は細胞水に吸収され、細胞内の生命エネルギー工場であるミトコンドリアを活性します。 私たちの生命活動の中心になっている有機高分子は、すべてテラヘルツ波領域の共振周波数です。 つまりテラヘルツ波が生物に優しいため「生命光線」といわれる理由はそこにあります。

遠赤外線は「育成光線」と呼ばれています

私たちの体重の6割以上が水分で、脳の85%以上が水と言われております。

テラヘルツ波は水に吸収されるばかりでなく蓄積され、さらにテラヘルツ波を再放射します。

このテラヘルツ波の蓄積と再放射が共振作用により、電磁波障害等で損傷したDNAや細胞を還元し、より健康な状態に導くと言われております。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

中秋の名月も過ぎ、いよいよ季節は秋。 行楽の秋、芸術の秋、そして実りの秋ですね! 実りの秋、大事な体のため、脳のため、メンタルのために、臓器のために、 とにかく体の60兆個の細胞すべてのために食べたいのは なんといっても「きのこ類」です。 以前このブログで、「きのこ類と海藻類は毎日食べよう」という話をしましたが、 秋にうまみを増す、推し食材はなんといってもきのこ類。 きのこに含まれる栄養素は、種類

今日は、そのマインドフルネスとやらを得るためには具体的にどんなことをするとよいか、のお話。とくにこのブログを読んでくださっている方は陶板浴ファンでいてくださる方も多いので、陶板浴でマインドフルネス!というのが本日のテーマ。 もちろん陶板浴をお持ちでなくてもできますので、やっていきましょう。 マインドフルネスを得るためには3つ、ポイントがあります。 一つめは、「呼吸」。 ストレスが、脳に与えてしまう

今日のテーマは「マインドフルネス」。 マインドフルネス、という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。 マインドフルネスは、英語でmindfulness。 「瞑想(めいそう)」とどう違うのだろうと調べてみました。 「瞑想」をそのまま自動翻訳してみたら、メディテーション(meditation)と出ました。 なるほど。瞑想やメディテーションは、「行為」を表す言葉なんですね。 それに対してマインドフル