• 温活大好き

テラヘルツ波はミトコンドリアの賦活剤になるのか


ヒトの60兆個の細胞の中には、ミトコンドリア(生命エネルギー発生装置)というものがあります。

´私たちは今日も、今も、意識するしないに関わらず呼吸を繰り返しています。

呼吸が続くから生きています。呼吸とは何のためでしょうか。

酸素を取り入れて、二酸化炭素を排出するため。

呼吸を止めると苦しい。

それは酸素が行き届かないから。

では、なぜ酸素がないと苦しいのか。

それは酸素がないと私たちの体に必要なエネルギーを作り出すことができないからです。

そしてそのエネルギーは私たちの細胞内のミトコンドリアによって作られています。

´生きものは食べ物に含まれる有機物を分解してエネルギーATPをつくり出す。

酸素を使う呼吸では解糖系、クエン酸回路、電子伝達系の3つのステップからなる。 ミトコンドリアの外膜と内膜の間にプロトンを運び出し、ATP合成酵素は回転し、ATPを効率よくつくる。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

細胞の中に平均数百個あるミトコンドリアがATP(=アデノシン三リン酸)というエネルギーを生産してくれています。 ミトコンドリアは体を動かすエネルギーのもととなり、手足や体の各部を動かすのはもちろん、臓器の活動も担っている、非常に大切なもの。 いかに効果的に増やすかがカギとなります。 今日は、ミトコンドリアと「運動」との関係を調べていきますね。 細胞内のミトコンドリアは、30歳くらいを境に徐々に減っ

ミトコンドリアは人間の37兆個ある細胞の1個1個の中に数百〜数千個あり、それがATP(=アデノシン三リン酸)というエネルギーを日々刻々生産してくれています。 人間の体内で作り出されるATPの、90%以上をミトコンドリアが作っているというのですから、ミトコンドリアがどれだけ大切かがわかります。 ではどうすればミトコンドリアは体内で増えてくれるのでしょうか。 今回は、ミトコンドリアを効果的に増やす栄養

ナノ医療イノベーションセンター、 略してiCONM(Innovation Center of NanoMedhicine) 皆さん聞いたことありますか? 大手製薬会社やベンチャー企業多終結した組織。片岡一則センター長を筆頭に、多様な技術と人材が交流する場として研究が進められています。 iCONMの掲げる医療技術はというと、「体内医院」。 体内の、医院です。体内にある病院って、どういうことでしょう…