top of page
  • 温活大好き

陶板浴とは? 7 深いリラックスが得られます


リラックスは一般的には「副交感神経優位」と呼ばれています。

陶板浴に入ると身体の深部からの温熱効果はもちろん副交感神経優位な状態になります。

副交感神経は「免疫細胞」と連動して強い体質を作ります。



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年の8月に父を亡くしてから、私の体調に変化が生じました。 疲れやすい、寝汗をかく、リンパ節が腫れる、等の症状に悩まされました。 強いストレスが原因だったのかもしれません。 大学病院で、悪性リンパ腫との診断を受け、現在、化学療法を続けています。 そんな中、陶板浴を知りました。 最初は体験からはじめ、そして、現在は購入をして御社の陶板浴を利用させていただいています。 確かに体全体が温まり、免疫力が上

妻に病が見つかり、自然治癒力を高めたいと様々情報を吟味した結果たどり着いたのが陶板浴でした。 石井会長はじめスタッフの方々の丁寧なご対応も気に入り、ハーフ&ハーフを購入。 今では朝晩の2度、陶板浴で体を温めております。 食事療法と併用することで、体質は改善にむかっております。 さらに、我が家には犬が2匹いますが、陶板浴がお気に入り! 人間により体が小さい分、効果が早く現れました。 良いこと尽くめの

bottom of page