top of page
  • 執筆者の写真温活大好き

体温を上げよう 1

なぜ体温を上げなければならないのでしょうか



健康な人の基礎体温は36.5~37.0℃で、細胞の新陳代謝が活発で、免疫力も高く、ほとんど病気をしない健康状態を保つことができます。 

その理由は、この温度がヒトの身体の中で起こる生命活動に必須な化学反応(代謝反応)を行うために適した温度であるためです。 ところが、近年、生活習慣のみならず、環境の悪化、ストレスにも拍車がかかり、アレルギーや化学物質過敏症を含む様々な病を抱える方が増えています。

病気を発症する原因として意外と知られていないことの1つに低体温があります。 体温が35℃台、高温期に入っても36℃台前半の人は「低体温」です。





閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

閉経のメリット!?

今回は「閉経のメリット」です。 女性の閉経と聞くと、 更年期、老化、女性としての終わり…など、 デメリットのかたまり! みたいなとらえ方をされがち。 それがどうやら、あながち悪いことばかりでもないらしい、 それどころかメリットも多いってご存知でしたでしょうか。 実は、閉経後の女性たちの実感、本音としても、 そして実際のデータとしても、 閉経のメリットというのは1つや2つじゃないんです。 閉経のメリ

「先送り」のクセは簡単になおる

今日のテーマは、 「先送り」のクセは簡単になおる。 あれやらなきゃいけないなあ、 ちょっと面倒だな、 なんとなくやらないで過ごしているけれど、 …と思いながらずっともやもやと頭のすみに置いたまま、 先送りにしていること、ありませんか。 今の季節だったら、確定申告の書類をまとめることとか (期限はすぐです)、 押入れの天袋の整理 (たぶん半分以上は不用品)、 たまったパソコンやスマホの迷惑メールの消

【陶板浴ディープインタビュー】朝晩30分ずつの陶板浴で、不眠、腰痛、肩こり、汗、ひどいイライラなど、仕事に行けないほどつらかった更年期の症状が和らいでいます。Nさん(女性・53歳・東京都在住)

更年期の不調がひどくて、眠りが浅く体調も良くない日々が続いていたとき、ご主人には「イライラして別人のよう」と思われてしまっていたというNさん。「陶板浴を朝晩続けるようになって、質の良い睡眠が確実にとれ、変なイライラがほとんどなくなりました。今の体調は高め安定。最近は体を少し鍛えたいと思っています」とにっこり。 インタビュアー:まず、陶板浴に出会うまでの、Nさんの経緯を教えてください。 Nさん:ずっ

bottom of page